転職談話

海外に学ぶ!フリーランスの休暇の上手な取り方

投稿日:2018年02月08日

きゅうか

日本では「フリーランス」「自由業」の事を指しています。
また、請け負った業務を実際に遂行する本人を「フリーランサー」と呼びます。

職業としては、エンジニア、プログラマーやシナリオライターなど様々です。
そんなフリーランサーは上司も居なければ、部下も居ません

なので休暇を取る事もなかなか難しいこともあるのです。
では、海外ではどうなのか?と疑問に思ったので
そのヒントとなる記事を一部紹介・感想を書いて行きます。

「How to Take Vacation When You’re a Freelancer(フリーランスの時の休暇を取る方法)」

休暇の取り方

1、可能な限り先に計画する

フリーランスは請負業者でもあるので、自分を雇って切れる人との関係は維持しておきたい。
なので、取るべき方法としては可能な限り先に計画する。

仕事を早めに終わるように計画したり、この日は休暇を取るように計画するなど
時間に余裕を持った計画であれば休暇を取る事ができます。

2、予算を立てる

フリーランスの生活で最も大きな打撃は、有給休暇の欠如です。
休暇を取る計画を立てるときには、財政的な打撃を減らす必要があります。

要するに、自分の休暇の間に働いていない事から生じる
収入の損失を予算を立てることで緩和する努力が必要です。

3、助けを求める

自分と同じ職業をする仲間に助けを求めるという方法。

自分が休暇を取る時は仲間がカバーして、
逆に仲間が休暇を取る時は自分がカバーをするという方法です。

ただし、このような仲間同士での取引を行う場合は
相手のスキルが信頼性のあるものなのかどうかの確認は必要です。

クライアントとの関係が悪化しては本末転倒なので、
慎重に取り組むことは必要となりそうです。

4、クライアントと親身コミュニケーションをとる

時間を取る予定がある場合でもクライアントにメールをするなど
常日頃から親密にコミュニケーションを取るようにしましょう。

さらに詳しくは本文を読んだ方が良いと思われます。

総評

休暇を取りたいときは先に計画を立てて、
クライアントと適切にコミュニケーションを取りながら休暇を楽しむことが大切です。

計画性を持ってあらかじめ準備しておけば、
普段からお世話になっているクライアントとの関係を壊すことなく、
自分が欲しい休暇を取る事ができることでしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話