転職談話

「叱る上司、叱らない上司」どちらが好きかで性格がわかる

投稿日:2018年05月22日

叱る上司?叱らない上司?
執筆者
社長としての立場で語ります

「叱る上司、叱らない上司」

どちらが良いか?となると、これは人それぞれ。
ただ、どちらが好きか?で自分の性格がわかってしまう。

叱る上司が好きな人

叱る上司が好きな人

向上心が高く、素直な人。

仕事ができる人ほど、「叱る上司」を好みます。
「よく叱られるけど、間違っていない」と、尊敬しています。
「〇〇さんの時は毎日成長できた」と。

叱られることについて、納得できる実力があります。
向上心が高いので、「成長できた」と満足。
将来的に昇進を狙っているので、感謝の気持ちの方が大きい。

エリート社員はおおよそこの思考でした。

叱らない上司が好きな人

叱る上司が嫌いな人

自分の考えが固まっている人。

叱られることが嫌いな人は「あいつの考えは理解できない」と受け入れません。
自分の考えが正しいと思っているので、否定しない上司が良い。
「俺の方がベテランだ!」と、若い上司を完全否定したりします。

向上心が無い新入社員も「優しい上司が良い」と言います。
「俺は褒めて伸びるタイプだから」と反省する気がない。
それはただ自分の考えを付き通したいだけです。

多くの社員はこの思考だと感じます。

ただ、上司にもよる

無能な上司

無能な上司から叱られるのは、誰もが耐えられない。

いくら向上心がある人でも、馬鹿な上司から叱られるのは嫌なものです。
尊敬する人なら叱られたいが、馬鹿に馬鹿と言われたくない、と。

特に「楽したい上司」はメチャクチャです。
「それやると面倒だからダメ!」というような。
向上心ある人は不満の日々。

叱る人が好きになれるのは大人だけ

子供は優しい先生が大好きです。
親以外に叱る人を好きになる、それは大人の証拠。

大人の責任を認識し、社会の役に立とうとする。
この気持ちがあれば自然と素直な気持ちになり、
先輩方の言うことを受け止めるものです。

本来はこの気持ちがあるのが普通なはずです。
それが「叱られたくない」「楽したい」「言われたことだけを」と、
志が何もない子供のような大人が量産されている。

「褒めて伸びるタイプ」とか、まさにその象徴です。
できる人は「叱られても褒められても伸びる」。

叱られる度に感謝する。
そんな性格になれば、大きく道は開けるはずです。

--

以上、「「叱る上司、叱らない上司」どちらが好きかで性格がわかる」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話