転職談話

実践した社長がリモートワークのメリット・デメリットを語る

投稿日:2018年05月28日

自宅で仕事(リモートワーク)
執筆者
社長としての立場で語ります

「会社に行かなくても同じ仕事ができる時代」

ということから、リモートワークが増えてきました。
これは「自宅勤務、在宅勤務」の進化版のような言葉で、
「会社以外で勤務する」ことを表します。

弊社もリモートワークを実施しているため、
リモートワークのメリット・デメリットを語ります。

メリット

次の5つのメリットがあります。

・時間を最大限活用できる。
・誰からも邪魔されず、集中できる。
・サボって別のことをできる。
・音楽、エアコン、こたつなど、環境が快適
・場所にこだわらず、仕事ができる。

一つ一つ説明します。

<1、時間を最大限活用できる>

通勤時間がゼロなのはやはり素晴らしい。

リモートワークは1時間ほど時間が増えます。
よほど馬鹿しない限り、睡眠不足にはならないでしょう。
パソコンさえ付ければ出社なので、朝食を食べながらも可能。

弊社の場合はフレックス勤務なので、かなり自由に動けます。
用事にて有給を使うことが減り、本当に遊びたい時に有給を使えます。

<2、誰からも邪魔されず、集中できる>

常に残業時間状態。

普通は早朝や残業時間が集中できるものです。
電話も無く、黙々と仕事ができる。
リモートワークは常にこの状態です。

一番時間を取られるのは、打ち合わせなどのチャットでしょう。
常に話しかける状態になると、Twitterを見るようになり効率が下がる。
時間を決めて使うようにすると良いです。

<3、サボって別のことをできる>

サボってもバレないので、都合の良い時に休憩ができる。

普通は休憩したくでも自由にはできないものです。
それが、リモートワークはやることさえやれば問題ない。
現在の仕事が余裕で終わる状態であれば、休みみたいなものです。

この余裕により、最大限の力で仕事をすることができます。
今日はこれだけやればいい。ちょっとこだわってみよう!と。

<4、音楽、エアコン、こたつなど、環境が快適>

間違いなく事務所より快適。

エアコンは人によって快適温度が違うので、
「寒い!暑い!」と面倒くさい。
これが完全に自分に合った環境にできるのは、かなりのメリットです。

音楽好きには、音楽かけながら仕事ができるのは幸せ。
私もずっとかけてます。

<5、場所にこだわらず、仕事ができる>

これがリモートワーク最大のメリットです。

アメリカでもインドでも、インターネットがあれば仕事ができる。
これにより人材の確保がかなり柔軟になる。
やむを得ない引っ越しなどで、人材が流出することも防げます。

どこでも仕事ができるというのは、人類が初めての体験だろう。
かなり画期的です。

デメリット

次の5つのデメリットがあります。

1、Youtubeを見たりと、サボり癖が付く
2、実力の把握がしにくい
3、指摘が面倒で放置になる
4、与えられたノルマしかやらない
5、人の真似ができず、成長しない。

<1、Youtubeを見たりと、サボり癖が付く>

パソコン、スマホの誘惑に勝てる人はごくわずかだろう。

リモートワークは好き放題している可能性が高い。
2画面でYoutube見てたり、Twitterを常に表示させていたり。
それをすると、確実に仕事の質が下がります。

最初は集中してやっていても、
いつしか慣れると舐めた仕事ぶりをしてしまうものです。
ここは防ぎようがないと考えた方が良い。

<2、実力の把握がしにくい>

仕事スピードが全く見えない。

「仕事ができました」というのはわかるのですが、
実際の作業スピードは全く見えません。
プロセスがわからず、熱意が伝わりません。

これにより、「本当に全力か?」と疑ってしまう。
完全成果主義なら問題ないと思いますが、
プロセスを重視する評価の場合は問題です。

<3、指摘が面倒>

資料の修正など、指摘が面倒で放置しがち。

指摘は電話、メール、チャットとなり、
なかなか言いたいことが伝わらず時間がかかります。
まともな指導はできないと考えたい。

したがって、新入社員のリモートワークはダメだと思います。
ある程度仕事ができる人で、ずっと指摘してきたパートナーをさせたい。
育てる必要がない仕事にリモートワークは向いていると思います。

<4、与えられたノルマしかやらない>

周りの視線がなく、頑張る必要が生まれない。

事務所であれば、「助けようか?」となるものですが、
リモートワークでは自分の仕事だけやれば良し。
余裕で終わらせても「必死にやって終わらせた」と言えばいいだけです。

これにより、与えられた仕事しかしない社員になってしまう。
外注さんのようになります。

<5、人の真似ができず、成長しない>

人間の成長は真似から始まります。

素晴らしい先輩、上司の真似をして成長するものです。
リモートワークはそれがないので、自分の殻を破ることが難しい。
何にも影響されない日々なので、自分自身の客観的な評価ができません。

このため、やはりリモートワークは育てることには向きません。

まとめ

人材確保、通勤時間短縮以外のメリットはほぼ無い。

できることなら、事務所でいっしょに仕事するのが良いと感じています。
やはり、どうしても社員がフリーランス的になり、
任せっきりになってしまう。

仕事ぶりが見えないというのは、管理職にとって良くないこと。
チームワークも無いに等しい。

ただ時間だけを考えてリモートワークを導入するのはダメと判断します。
育てる必要のない、「単純作業員」か、「プロフェッショナル」だけを対象としたい。

--

以上、「実践した社長がリモートワークのメリット・デメリットを語る」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話