転職談話

転職活動中はアルバイトよりも派遣会社。単発・スポット派遣の活用を

投稿日:2018年06月21日

日雇い労働(派遣)

転職活動は在籍中にやることが基本ですが、
どうしても退職してからやるときが出てきます。

失業保険の間に転職できればいいですが、
できなければ「非正規で働く」という選択肢も出て来ます。
この時、派遣は便利です。

1、アルバイトは効率が悪い

一つの仕事ごとに面接を受け、シフトの自由も少ない。

転職活動しながらアルバイトはよく聞きますが、
これはとても効率の悪い働き方になります。

シフトが固定されることが多く、休みたくても休めない状況になる。
やるなら早朝か夜が理想ですが、いろいろと疲れるものです。
短期バイトとしても、都度面接があります。

「フリーター」となるので、昼間のシフトに入れさせられやすい。
転職活動の妨げになってしまいます。

2、派遣は比較的自由

単発派遣(スポット派遣)なら、働きたい日に働ける。

おおよそ「この日に行けますか~?」と連絡が届きます。
働ける場合は返信する、という働き方になる。
地域や会社によっては安定しませんが、アルバイトよりは気楽です。

現場は都度変わるものの、面接をする必要はありません。
派遣会社の命令に従って、新たな現場へ向かいます。

転職活動はそう毎日やることはないので、
こういう単発の仕事は役立ちます。

3、派遣は信用を得られる

派遣会社で働くと、「使える人」と実績がつきます。

もしまた無職になった時でも、過去の実績があるので楽。
初心者には紹介できないような現場へも行けます。
アルバイトはこれがほぼありません。

多くの現場に行くので何かコネが生まれる可能性もあり、
もしかしたらあっさり転職が成功するかもしれません。
アルバイトよりはるかにメリットがあります。

まとめ

昔と違い、派遣で働くことが一般的。

昔は日雇いアルバイトというものでしたが、
現代はそれが派遣になっています。
雇う側も面接などをする必要がなく楽です。

短期的な稼ぎとしての派遣は積極的に活用していきましょう

--

以上、「転職活動中はアルバイトよりも派遣会社。単発・スポット派遣の活用を」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話