転職談話

「工場で馴染めない・・・」と後悔しないための5つの方法

投稿日:2018年06月25日

会話

工場で働くとなると、誰もが避けては通れない「人間関係」。
できれば何事もなく穏便に過ごしたいと思うはずです。

そこで、工場で馴染めなくてやむを得ず仕事を辞めることにならないために、
どのような対策をした方がいいのか?

元工場勤務者がアドバイスします。
参考までにどうぞ。

「工場で馴染めない」という状況にならないためには

まず、職場で馴染めないという状況になるのは、
相手からあまりよく思われてなかったり、自分から相手を避けているのが主な原因です。

もちろん、誰とでも良好な関係が作れる人というのはある意味才能なので、
職場に慣れない人は、どうすればいいのか分からないまま退職まで追い込まれます。

そんな、崖っぷちの人間関係になる前に、
早いうちに「相手との良好な関係」や「悪くても普通以上の関係作り」が大切です。

では、具体的にどうすればいいのか?を書いていきます。

普通以上の人間関係にする方法

1、どんな人にも礼儀正しく

これは、どんな職業でも同じことが言える基本中の基本です。
不愛想で無礼な人など、悪い事はすぐ職場全体に伝わります。

せっかく働けるようになったのに、辞めてしまうのはもったいないです。
長く働けるようになるためにも、誠実さを前面に出していきましょう。

2、仕事は極力失敗しないようにすること

工場で働くという事は、作業内容によっては1人あたりに振り当てられた仕事があります。
その仕事で深刻なミスをしてしまえば、残業や土日出勤が増える可能性もあります。

例として挙げるのであれば、組立作業でネジを1本余ってしまったとします。

こうなると、自分の組み立てた製品のどれを閉め忘れているのか?と、
再度作った製品を分解してチェックするなど仕事のロスが発生するので、
そのような事が何度も繰り返されると、他の従業員としてはあまりいい気はしません。

入社したばかりの作業ミスはまだ許されますが、
しばらくして同じような失敗が多いと上司から叱責を受けることもあります。

さらに、同じ職場で働く周りからの目線が気になってしまい、
精神的にも追い込まれるので、仕事は極力失敗しないように心がけましょう。

3、嘘をついてでも話す「きっかけ」を作る

話したことない人と仲良くなるきっかけは、なかなか作れないと思います。

これは実際に私自身がやっていたことですが、
自分がわざと知らないふりをして「これはどうすればいいですか?」と仕事について質問します。

すると、質問された相手は「教えてくれる」と思います。
これをきっかけにして、相手との距離を一気に縮めることが有効です。

ただし、「質問内容が難しいもの」または「担当ではないもの」だと、
「~さんに聞いて」と流されてしまうので、手短に答えられるような簡単な質問をしましょう。

この方法はどちらかと言えば、入社したての頃や、
別の新しい職場で働くことになった場合に有効な手段です。

最初は仕事やその他分からないことが多いはずなので、
その質問ネタが無くなる前に、会話をするきっかけを作りましょう。

4、飲み会で積極的に動いて「きっかけ」を作る

次は別パターンの「きっかけ作り」です。
工場系の仕事は比較的飲み会が多いので、これを利用します。

簡単に職場に馴染める人の特徴として、
飲み会の席では、いろんな人へ積極的にお酒を注ぎに行きます。

入社したてだと、歓迎会も兼ねた飲み会が開催されやすいので、
そこで、ビールを片手にいろんな人と軽めに交流すると、職場でも馴染みやすくなります。

そこで、この人はどんな人なのか?どんな趣味を持っているのか?など、
情報を引き出したほうが、今後も自分に合ったタイプを見つけることが可能です。

自分が酔っ払って記憶を無くさない程度に立ち回ることが最初は大事です。

5、馴染みたいグループの趣味に合わせるまたは作る

仕事をしている時は一緒に働く仲間ですが、男女に限らず職場内でも、
同じ趣味の人同士が集まりやすい傾向にあります。

私の経験した職場では、

男性は「ギャンブル系、スポーツ系、ゲーム系」
女性は「育児系、料理系、スポーツ系」

という話をよくしていました。

このように何かしらの趣味を持っていないと話が盛り上がらないし、
共感もできないと職場に馴染みにくいので、合わせる努力をしましょう。

また、「自分の趣味と職場内での趣味が合わない」という場合は、
「それ、私も前から興味あるんですよ~」と、無理やり作ることができます。

あと、関わりを持たずに1人でスマホをいじるという方法もありますが、
いざという時に周りに助けてくれる人がいないケースがあり得るので、
馴染めるグループがあれば、きっかけを作った後に自分の場所を作りましょう。

まとめ

最初が肝心。

人間関係は何事にも最初が肝心で、崩すのは簡単ですが、
維持したり築くのは難しいです。

人間関係が悪いと、自分の悪い話はもっと悪く受け取られて周りの人に拡散されます。
しかし、普通以上の関係を築いてしまえば、ちょっと悪い事はスルーしてくれたりするので、
なるべく早く、職場の人と馴染めるようにしながら、より合う人を探していきましょう。

そうすることで、ちょっと苦手な人とも距離を置きつつ普通以上の関係、
自分に合う人とは、より親密な関係を維持しながら工場で馴染むことができるでしょう。

それでも、職場全体が自分にとって苦手な人ばかりという事もあるので、
無理をせずに、転職することをおすすめします。

――
以上、「工場で馴染めない」と後悔しないための5つのアドバイスでした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話