転職談話

工場勤務は性格の悪い人が多いのは間違い!?その理由を語ります

投稿日:2018年06月28日

怒る

工場で働いたことのない人、あるいは工場勤務の経験がある人の中には
「工場勤務の人は性格が悪い人が多い」という人もいます。

しかし、それは「間違っている」と自信を持って言います。
では、なぜそう言えるのか?元工場勤務を経験している私が語ります。

なぜ、性格が悪い人が多いと言われているのか?

工場は初心者からでも始めることも可能な仕事もあるから。

工場勤務の仕事の中には、専門スキルが必要な仕事もありますが、
それを必要としない、誰にでも簡単に始めることができる仕事もあります。

ライン作業や組立作業、加工作業、検査作業など、
手順さえ覚えてしまえば、できるものも多くあります。

ということは、求人募集があった場合、
上から下まで幅広い性格の持ち主が働こうと応募するのです。

性格ができている人ほど大手へ

そして、性格ができている人が大手企業へ応募し、
そこから次々と中小企業に流れていきます。

人によってはチャレンジ精神からあえて中小企業へ進む人もいますが、
ほとんどは安定を求めた大企業で働こうと考えるのが一般的です。

そうすると、本当にホワイトな大企業は性格も比較的ホワイトな社員でほぼ埋まります。
そして中小企業になるほど性格に難のある社員が増えてきます。

なので、町工場だったり小さな企業となると、
場合によっては、見た目ヤンキーな人もいることもあります。
(見た目だけで、性格はさほど悪いというわけでもなかったり)

ネット上で調べるときは注意が必要

ネット上での書き込みは、どんなレベルの企業で働いている人?
パート?契約社員?正社員?など企業の雇用する真剣さも違ってきます。

ホワイト企業は、ほぼ人員枠が埋まっています。
となると、募集があるのは中小企業となり、性格が悪い人が満載。

なので、「工場勤務の人は性格が悪い」と書き込まれても
何ら不思議なことではありません。

むしろ、ネットの書き込みの場合は、愚痴を書いたりなど悪いことが多いのが当たり前。
そのため必ずしも正しいというわけではなく、そういう考えもあると吸収するのがベストです。

それに、文句のないホワイトな企業に勤めている人が書き込む文句も無いです。
(あとは、ネットに興味のないおっさんやおばちゃんも大多数)

そのため、工場勤務の人が性格が悪いではなく、
『悪い人も存在する反面、ホワイトな人も存在する。』という解釈が正しいです。

工場によって、比率は様々なので、偏った考えの鵜呑みは危険です。

まとめ

大手や中小の工場勤務経験があり、偏った考えのない人
そうでないとしても「そういう考え方なんだ」と1つの例としてみる。

例えば「工場勤務で働いているんだけど、周りがゴミみたいな奴しかいない」
という書き込みがあったとしましょう。

ネット上は匿名性の高い書き込みなので、本音で語る人も多いです。
だとすると、そんな暴言を吐く人が果たして性格が良いのでしょうか?

周りの従業員を下に見ている時点で、写し鏡のように自分へ跳ね返ってきます。
なので、「この人はこういう考え方なのか」と、1つの例としてみるのがベストです。

また、1つの工場を働いただけで工場勤務のすべてを知っているとは言えません。
なので、あくまで1つの例であると思いましょう。

個人的におすすめする参考になるのは、
大手中小などで勤務経験のある物事を第三者のように語ることのできる人です。

その人も1つの例に過ぎませんが、知った上で経験をまとめて話すため
もう1段階上のレベルで工場勤務についての話をしてくれます。

いろんな人の幅広い考えを収集して、自分なりに決断をするといいでしょう。

――
以上、工場勤務は性格の悪い人が多いのは間違いについてでした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話