転職談話

工場で働くと気が狂う?病む?どんなことにストレスを感じるのか

投稿日:2018年07月16日

工場

仕事を続けていくうちに、問題となる事と言えば「ストレス」です。
社会人になると、誰もが経験し、避けては通れない事でしょう。

それは工場勤務も同じです。

では、

「工場で働くと気が狂ったり病むことはある?」
「どんなことにストレスを感じるのか?」

などの疑問について紹介とその解決法を紹介します。

工場で働くと気が狂う?病む?

自分の性格次第、あるいは慣れるかどうかが重要です。

工場で働き始めた時は、仕事内容によっては気が狂いそうになったり、
人間関係などからうつ病など、病むことはあります。

これは中小企業の工場でも、大手メーカーの工場でも一緒です。

仕事が自分の性格的に「合わない」、長く働いても「全然慣れない」と思っても
それでも「働かなくては食べていけない」と考えてしまい、
無理に続けて体を壊すなどの可能性はあるでしょう。

どのようなことにストレスを感じる?

人間関係の悩み

工場勤務だけに限ったわけでもないですが、
職場の人となかなか馴染めなかったり、自分の取って合わない人がいると、
常にストレスを感じながら仕事をする事もあります。

単純作業ばっかりでつまらない

自分のやる仕事が常に景色が変わるかのように、
変化があるものが好きな人が、単純作業などシンプルな仕事に就くと、
ストレスを感じる可能性はあります。

時間が全然経過してくれない

初めて行う作業だと、まだ慣れていないという事もあり、
時間が経つのが早く感じやすくなります。

しかし、ある程度慣れてくると体感で1時間ぐらい経過しているはずが、
まだ10分しか経過していないなど「集中力が途切れやすい人」は、
ストレスを感じることもあります。

作業場の温度

自分の作業場にもよりますが、空調のない場所で仕事をする場合は、
夏場、冬場の職場環境の悪さから、ストレスを感じることもあります。

空調の有無で天国にも地獄にも変化します。

作業場の騒音

かなり大きな騒音の場合は、耳栓をして作業を行うようにもなります。

ですが、耳栓をしなくてもいいような微妙なラインの作業だと、
音が気になって仕事に集中できないと感じることもあります。

また、元々静かな仕事が好きな人にとっては、
仕事そのものにストレスを感じてしまう可能性はあります。

ストレスとどう付き合う?

休みはきちんとリフレッシュ

工場の仕事は、週休2日制でシフト制を除けば規則正しい休日が多いです。
ストレスを抱えても、すべて休日で解消するぐらいの気持ちが必要になります。

旅行や運動、動物と触れ合うなど、自分の好きなことをして遊ぶことが大切です。

それでも無理なら

ストレス解消のために、いろんな方法を試してもダメで無理をして頑張る人もいます。

しかし、無理をして体調を崩した後に復帰しても、
前より働けない体になって給料が少なくなってしまうケースも多いです。

時には思い切って転職することも必要で、
転職に気が向いて無くても、常に求人情報を見ておくと求人に詳しくなります。

たったの10分程度も習慣的に見ることが大切です。

そんな「工場で働くことに興味がある人」や「既に工場で働いている人」が
登録しておきたい転職サイトをまとめた記事があるので、
参考までにそちらを見てみるといいでしょう。


――
以上、工場で働くと気が狂う?病む?どんなことにストレスを感じるのかでした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話