転職談話

工場勤務でピアスやネイルはNG?その納得できる理由とは

投稿日:2018年07月20日

工場の求人の中には、ピアス・ネイルOKという求人情報もありますが、
そうではなさそうな求人も見かけると思います。

そこで、疑問に思うことは「なぜ、ピアスやネイルをしてはいけないのか?」です。

人前で営業・販売をするわけでもないのに、
身だしなみを気にする理由などを答えていきます。

ピアスをしてはいけない理由とは

工場でピアスをNGにしている最大の理由としては、
「最悪、死亡事故につながる」があります。

例えば、リング状のピアスをつけていて、回転系の機械があると
何かしらの拍子で、耳に引っかかり引っ張られることで
巻き込み事故につながる可能性があります。

ケガをするだけで済むこともあれば、最悪死亡事故につながることもあります。

また、ピアスが落下することで機械が故障するなど、
会社に迷惑がかかる事にもなるので、ルールとして禁止しているのです。

ネイルをしてはいけない理由とは

ネイルNGの代表的な理由として「異物混入」の問題があります。

主に衛生上の理由からNGにしている会社が多く、
食品工場は特に徹底しているため、禁止していることが多いです。

食品工場以外でもお客様がいらっしゃった場合などでも、
ネイルをして作業をしている人を見つけると、イメージダウンにつながることもあります。

また、組立などの軽作業では作業効率が落ちるという考えもあることから、
ネイルはNGとしている工場が多いのです。

例外もある

例外として、何かしらの事故やクレームなどに関係しない
事務系の仕事の場合は、工場によってはOKを出しているところもあります。

なので、直接見えることはあまり無くても、
ネックレスをつけて事務作業をしている社員もいます。

まとめ

工場の考え方次第。

求人によってピアスやネイルがOK・NGがあるのは、
工場の考え方次第なので異なって言います。

大体は、何かしらの事例や想定できる出来事からNGを出しています。

社員側としては身につけたくても、工場側としては世間の目があるので、
本当はOKしてあげたいけど、できない都合もあります。

なので、ピアスやネイルが大丈夫かどうかは、働く工場次第という事になります。

――
以上、工場勤務でピアスやネイルはNG?その納得できる理由でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話