転職談話

【経験談】寝不足になることはない?工場勤務の睡眠時間について

投稿日:2018年07月23日

社会人として仕事を始めていると、
「今日も残業、明日も残業」と、毎日残業で大変な会社も多いです。

そして、工場勤務も例外ではありません。

「工場勤務の睡眠時間は、どれくらいなのか?」
「寝不足になることはないのか?」

このあたりを経験談として、語っていきます。

工場勤務者はどのくらい眠れる?

工場勤務で残業があったとしても「最長3時間」という事が多かったです。

あとは「電車、徒歩、自転車、車、バイク」など、
通勤時間によって睡眠時間が増減するため、人によって若干睡眠時間が異なります。

残業が3時間当たり前だったとして平日は夜更かしなど遊ぶことなく、
明日に備えてすぐ寝ることができれば、6時間前後は睡眠を取ることが可能です。

寝不足になることはないのか?

規則正しい時間で勤務している「常昼勤務」の人であれば、
残業時間と通勤時間次第で、睡眠時間は確保可能です。

しかし、交代勤務者の場合は「今週は昼、来週は夜」と、
シフトで勤務時間が異なるので、慣れるまでは寝不足になってしまう事もあります。

交代勤務者の中には「いつでも眠れる人」が職場にいることもあります。
働き始めは大変ですが、慣れると寝不足による悩みは解消されるようになるでしょう。

交代勤務で働いたことない人は、二交代や三交代はどんな勤務時間なのか?
気になると思うので、次の関連記事を参考にしてみてください。

交代勤務の場合、どうやって眠れるようにする?

交代勤務のシフトの切り替わりは、基本的に土日を挟みます。

なので、時間を忘れて夢中になれる趣味があると、
「すごく眠たい、それでも遊ぶ!」という方法で時間調整することが可能です。

年齢や今までの生活によっては厳しい可能性もありますが、
土日をうまく利用して体内時計を変えることができるようになると、
交代勤務の仕事は寝不足にならずに働くことができるようになります。

まとめ

工場勤務は睡眠不足になりにくい。

もちろん向き不向きがあるので、必ず寝不足にならないとは限りませんが、
寝泊まりしてずっと仕事をするという事は、余程のブラックではない限りあり得ません。

残業3時間ほど作業して家に帰って来た時に、
遊ぶようなことが無ければ、睡眠時間は確保できます。

工場勤務は平日に夜更かしなどに時間を使わない限りは、
睡眠不足になることはほとんどないでしょう。

それでも、体内時計は人によって異なるものです。
自分にとって働きやすい時間帯の微調整は自分で行う必要があります。

工場に興味があるならば、どんな時間帯の求人があるのか?
実際に確認することをおすすめします。

工場系の求人情報が満載の転職サイトをまとめた記事があるので、
そちらから自分の気に入った転職サイトや求人を見つけてみましょう!

――
以上、寝不足になることはない?工場勤務の睡眠時間についてでした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話