転職談話

どうなの?工場勤務の昼食のとり方と休憩時間について

投稿日:2018年07月24日

弁当

人間は飯を食べなければ、生きることも仕事をする事もできません。
今回は、工場勤務での昼食のとり方と休憩時間についてのご紹介です。

工場勤務者の昼飯をどう用意している?

家で作る、通勤途中で買う、工場内で買うというのがほとんどです。

自販機でカップラーメンが売っている工場も存在します。
職場では、お湯を沸かしてあったり、電子レンジが置いていることも。

また、会社の規模によっては、工場内にコンビニが建てられることもあります。

昼食のとり方

食堂の場合は、その場所で食べることになります。

職場の場合は、工場のルールによっては事務の人は自分の席、
現場で働く人は休憩所を利用するという風に分けられていることもあります。

工場の休憩時間はどれぐらいある?

1日の勤務時間で必要な休憩時間が法律で決まっています。

朝休憩や15時休憩の有無など、工場によって昼の休憩時間は異なりますが、
「朝は10分休憩、昼40分、15時は10分休憩」という分配もあります。

食堂で休憩時間を過ごすことは可能なのか?

食堂で昼食をとる人の場合ですが、基本的に食べ終わった後は休憩所に戻ります。
なので、コンビニで買う人や弁当を持ってくる人の方が席を離れなくて済みます。

最後に

昼食で最も効率的なのは休憩所で食べる人。

食堂など、昼食で移動時間などあるので、
最も効率的な昼食のとり方は休憩所で食べる人が一番です。

なので、

・コンビニで買ってきた人
・弁当を持ってきた人
・職場で弁当注文した人
・自販機販売で買った人

などが、一番休憩時間が長いという事になるので、
食堂で食べる人や昼にコンビニへ買いに行く人は、少し損することになるでしょう。

――
以上、工場勤務の昼食のとり方と休憩時間についてでした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話