転職談話

作業着で通勤は可能?工場勤務の基本的な服装とは

投稿日:2018年07月26日

社会人が働くといえば「スーツをビシッと決めて会社に通勤する」というイメージもあります。
そんな中、工場勤務者の通勤時の基本的な服装は何なのか?

また、作業着って通勤時に来ても良いのか?
体験談をもとに語っていきます。

工場勤務は作業着で通勤は可能?

会社によっては、ルールで通勤時の着用はNGという場合もあります。
なので、通勤時に着用してもいいかどうかは、働く工場によって異なります。

NGの場合は、基本的に私服を着て通勤することになります。

通勤で着てもOKの場合、どうやって着ている?

作業着を着て通勤しないというデフォルトは別として、
作業着で通勤するか、作業着の上から服を着て通勤と大体2パターンに分けられます。

車通勤の場合は作業着のまま。
徒歩や電車などの場合は、作業着の上から服を着る人で分かれていました。

靴はどうしているのか?

工場内では危険が潜んでいることも多いため、
急な出来事にすぐ対応できるように動きやすい方がケガをせずに済みます。

なので、女性がヒールの高い靴を履くことがありますが、
工場では「ふさわしくない靴」として禁止している工場もあります。

なので、基本的に動きやすい運動靴を履いて通勤していることが多いです。
安全靴を履いていいかどうかは、工場のルールによって異なります。

まとめ

基本は「私服+運動靴」、工場によっては「作業着+安全靴」で通勤します。

通勤時の服装に関しては、工場内のルールでどの程度まで許してくれているかによるので、
工場によっては「私服と運動靴じゃないとダメ」と言われます。

そこそこ大きい工場であれば、きちんとロッカー室(更衣室)が設置されているので、
非常に小さな工場という訳でなければ、ロッカーで着替えるように指示される可能性もあります。

面倒だからとルールを破ってしまえば、それこそ問題になるので注意は必要になります。

――
以上、作業着で通勤は可能?工場勤務の基本的な服装でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話