転職談話

ここが違う!40代、50代からの転職に成功する人と失敗する人

投稿日:2018年04月20日

40代や50代となると、「転職だ!」と意気込んだとしても、
その1歩を踏み出すのはなかなか難しいです。

では、実際に転職している40代、50代で、
成功している人と失敗している人は、どう違っているのか?

その特徴をまとめてみました。

40代で転職に失敗する人の特徴

  • 転職先の会社で能力・スキルを活かすことができない
  • 自分が貰う年収と会社に提供できる能力に差がありすぎる

40代の人で転職に失敗する人の特徴として「スキル不足・能力が無い」など、
転職先で自分を全然活かすことができていない人はよく失敗します。

例えば、求人で「今よりも高い年収の案件」に魅力を感じてしまい、
応募してみると、面接をあっさりクリアしてしまったという場合があるとします。

内定を貰って、意気揚々と転職先で働いてみると、
周りのレベルと自分のレベルが全く違う状態だった!

それから、しばらくしても全く思い通りにいかず、周りの人の目を気にしてしまい、
そして、遂に職場に居づらくなって会社を退職してしまうという事があります。

自分の能力やスキルを転職先で活かすことができなかった。
あるいは、年収相応の能力・スキルを持っていなかったため、
転職に失敗してしまう人の特徴の1つと言えます。

40代で転職に成功する人の特徴

  • マネジメントスキルを持っている
  • 専門性の高いスキルを持っている

20代や30代は、会社から将来性を買われて採用されることが多いです。
一方で、40代は「管理職レベル」の人材として採用されることが一般的です。

そのため、部下をまとめ、与えられた仕事や企画をうまく進めていくなどの
マネジメント能力が必要となってきます。

または、専門性の高いスキルが必要であればあるほど、
企業が欲しい人材としては不足していることもあります。

例え、20代、30代のような若さが無いとしても、
専門性の高いスキルを持っているだけで、転職に比較的成功しやすくなります。

他には、自分の持っている専門的なスキルを、
将来的に活躍していくであろう人材の育成として雇用するケースもあります。

このような「40代ならではの即戦力」となる能力、
またはスキルがある人は転職に成功しやすいです。

50代で転職に失敗する人の特徴

  • 社会的経験を活かせてない
  • 自分に合っていない会社へ転職した
  • 自分にとって武器と能力・スキルが無い

50代となると、社会人としても経験豊富というのが理想的な人材です。

特に、新事業を任せられるほどの能力を持っているなどの、
幹部レベルの経験がある人を企業は求める人材としています。

しかし、転職先が自分の今までの経験を活かすことができない、
または、明らかに自分に合っていないような仕事をすることがあります。

50代という年齢は、20~30代に比べて求人の数も減り、
例えあったとしても、経営陣・幹部レベルのものばかりなんてこともあります。
そんな、実績があると評価されやすいのが50代の転職です。

それでも働かない事には食べることもできないため、
妥協をして無理に新しい転職先を見つけて、一生懸命頑張ってみたが、
仕事が合わずに結局は退職を迫られる結果となります。

自分に合う仕事かどうかは、インターネットが普及している今だからこそ、
口コミや転職エージェントを利用するなど、企業研究(下調べ)は大事です。

50代で転職に成功する人の特徴

  • 非常に高いマネジメント能力を持っている
  • 高度な専門知識を持っている
  • 人脈が豊富である

35歳が転職の限界説がありますが、働いていた会社での実績もあるなど、
ハイスペックな人は年齢が50代でも転職を苦に思うことはありません。

ハイスペックな人材は、ハイスペックがゆえに転職に成功しやすいため、
会社やヘッドハンター、転職エージェントから見ても欲しい人材だからというのが理由です。

なので、転職に成功する人共通点は、40代よりもさらに豊富な社会経験による
「マネジメント能力、高度な専門知識」を持っている人が多くなります。

また、マネジメント能力や専門的な知識が50代に相当するものでないとしても、
そのコミュニケーション能力から生まれる「人脈」が、
大きな武器として評価してくれることもあります。

このように、50代であっても大きな武器を持っていることが、
転職に成功する人の特徴とされています。

まとめ

  • 実績、マネジメント能力、専門的なスキル、人脈が豊富な人は成功しやすい
  • 無理に仕事を探したり、年収に見合った能力を持っていないと失敗しやすい

40代、50代は求人の種類や数は、20~30代と比べて厳しい事には変わりありません。

ですが、その中でも成功している人のほとんどは、
年相応の能力を有しているという特徴があります。

もしも、転職で1歩を踏み出せないでいる場合は、
「今、働いている会社を離れても通用するだけの武器を持っているのか?」と、
自分自身をよく知っておくことが大切です。

それでも「自分は転職できる人材なのか分からない」と思うはずです。

その場合は、転職エージェントなどを利用すると、
「自分は転職できる人材なのか?」と、自分の市場価値を知ることができます。

より安全な転職をしたい場合は、転職エージェントを活用して、
転職成功率をより高い値にしていきましょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話