転職談話

キャリアアップとは何か?その意味や具体例

投稿日:2018年03月06日

キャリアアップ

転職に関する調べ物をしていると、
「キャリアアップ」という言葉を見る機会が多くなると思います。

では「キャリアアップ」とはどういうことを指すのか?
その意味と具体例を紹介します。

キャリアアップの意味

今よりも高い資格、能力を身につけたり、経歴を高めること。

キャリアという意味も職業・技能上の「経験・経歴」のことを指しているため、
それらを高める(アップ)ことを「キャリアアップ」といいます。

転職業界での「キャリアアップ」とは主に「転職」を指していますが、
これは転職することで、今以上の給料や地位の求人を探すため、
「キャリアアップ=転職」となっています。

本来であれば、今まで積み上げてきた経歴や経験から、
別の仕事へ転職するという意味では「キャリアチェンジ」という言葉があります。

そのため厳密に言えば、

同じ業界の会社へ転職⇒キャリアアップ
まったく別の業界へ転職⇒キャリアチェンジ

という分け方をしてもいいです。

それでも一般的には「キャリアアップ=転職」で意味が通じるため、
小ネタ程度に考えたほうがいいです。

キャリアアップの具体例

キャリアアップの具体例としては、次のようなものがあります。

・会社内での出世
・持っている資格をさらに磨きをかける
・新しい資格を持つ

現代では転職というイメージが強いので忘れがちですが、
会社内での出世も経歴を高める結果となっているため「キャリアアップ」しています。

また例として資格にしていますが、特定の資格をさらに力を入れてランクアップしたり、
別の新しい資格を取ることで、できることを広げてることも
経歴や経験を高めているので「キャリアアップ」となります。

スキルアップとの違いは?

よく混同しがちな単語として「スキルアップ」という言葉があります。

一見同じような意味を持っているように思えますが、
スキルとは「手腕、技量、技能、技術」を意味しています。
そして、それを高めたり磨き上げることを「スキルアップ」と言います。

なので、

キャリアアップ=経験・経歴の向上
スキルアップ=技能・技術の向上

という風に分けて考えてもいいですね。

このように細かく砕いてみると、キャリアアップもスキルアップも
意味に違いはありますが、どちらもビジネスにおいては欠かせない単語となっています。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話