転職談話
知っておこう!リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

外資系企業を複数経験して驚いた事

投稿日:2020年04月10日

外資系企業を複数経験して驚いた事

・英語を話せない人間も多い
・それどころか学ぶ気がない人間も多い

・バリバリ仕事したい人間ばかりではない
・それどころかサボリーマンも多い

・クビではなく自主退職がほとんど
・同業他社への人材循環を良く見る

結論:場所は関係なく、働く人次第なんだ🐦
おいぬ好き / 逆転の英語キャリア@inu_love_global @kamoshika_en
サボりポイントは面白いですよね

彼らの堂々と開き直ってサボる姿は、文化と社風の違いの両方がコラボした日系ではなかなかに見られない光景ですよね。笑

いろいろな多様性が認められる文化は、居心地が良いなと思います😊
雨宮 誠@amamiya_couple @kamoshika_en
外資系も人次第なんですね。
そこはどこ行っても一緒なんだな💡
そういう意味では、より条件の良いところにシフトしていくのは正しい選択なんですね👍
まなみん🐷派遣人生と愛と💃@manamin2000man @kamoshika_en
前に外資系に転職した方の本を読みましたが、上司の言う事は絶対で、部下は激務だと。でも自分が上にいけば、今度は自分が部下の絶対的上司なので辛抱だ、と書いてました💦
サボリーマンは上のほうなのかな…
もりぞー@englishinform @kamoshika_en
確かに外資系でも英語話せない(話す必要がない業務)の方もいっぱいおられますよね!
Ryan(Shohei Tawara)@tawaryan @kamoshika_en
めちゃめちゃ意外ですね。
サボリーマン。笑

結局はその人次第ですね!
本田翔平@hondashohei1111 @kamoshika_en
おー意外です!!
やっぱり人によりますよね。

パレートの法則、働きアリの法則も働くんですかね。
kou|大手住宅メーカー営業@koukun099 @kamoshika_en
どうしても選べない環境にいる人は別として、どんな上司、後輩と接するか考えないといけないですね!
※TwitterAPIを利用して表示しています

Twitterまとめ

記事カテゴリ





読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト エンジニア コミュ力 コンビニ ストレス パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー 上司 人生 介護 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 看護師 趣味 転職エージェント 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話
転職まとめ