転職談話
知っておこう!リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

転職エージェントに勤めてた頃の話。 内定出した候補者が承諾するか迷うと、

投稿日:2020年04月15日

転職エージェントに勤めてた頃の話。

内定出した候補者が承諾するか迷うと、一緒に働く予定のメンバー20人くらいから色紙にメッセージ書いて送る企業があった。

これが効果的で、私にここまでしてくれるんだ!と感動し、承諾する人多かった。

ただ正直、この採用は本質からズレてると今でこそ思う。
岩崎@関西ベンチャー特化型転職エージェント@hisayoshi92 @job_and_life
どの候補者にも同じ対応されていれば良いのですが迷った人にだけというのは、社内の人の見え方もよくないですね😅
ゆみまるこ@yumidaruma1 @job_and_life
もしかしたら20代の時だと世間知らずなので嬉しいかもしれないが、アラフォーでそれられたらマジうざいしなんかあったとき辞め辛いと思う
コモン@いいとこ取リーマン🙆‍♂️@COMMON_seNse_p @job_and_life
なるほど…

感傷的にならずに、その迷う原因と向き合うべきだということですかね…
梅田翔五@job_and_life というのも、最終的な判断の材料にすべきは、条件面や自身のキャリアにとっての価値だと僕は思うわけで

企業のウェルカム感、ましてや私にここまでやってくれるんだ!というかまってちゃん的な発想では、入社後の覚悟感が危ないのではないかと。

採用人数だけを追うと、こういう術になるのかな。
Kei|人を動かすセールス@Kei_Career_ @job_and_life
エージェントの立場として思いますが、ズレていると思います。

その企業の採用目標を達成できれば手段を選ばない、ということなのでしょうか。

企業の成長のための中途採用ではなく、企業のKPIのための中途採用になっている気がします。

当事者同士が納得のいく採用であるべきですよね。
駒谷〜連続起業家〜@komatanii @job_and_life
本日からズレた採用をしてしまうと、結局早期退職して、投資失敗になりますよね。
※TwitterAPIを利用して表示しています

Twitterまとめ

記事カテゴリ





読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト エンジニア コミュ力 コンビニ ストレス パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー 上司 人生 介護 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 看護師 趣味 転職エージェント 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話
転職まとめ