転職談話

【自信がない人向け】一番良い面接の練習方法3つを紹介

投稿日:2018年06月07日

コミュニケーション
執筆者
社長としての立場で語ります

「一番良い面接の練習は何か?」

多くの人は面接での受け答えの練習をします。
馬鹿の一つ覚えのように暗記、暗記、暗記・・・

これは良い練習とは言えません。
では、どうするのが良いか?

1、自分の考えを人に話す練習をする

居酒屋での飲み

飲みの場などで、自分の考えを力説できるようになりたい。

「できる人」との集まりは、仕事の話しになりやすいです。
ああだこうだと考えを話し、適度に同意、批判しながらお酒を飲む。
そうして受け答えが上手くなるものです。

飲みの場では仕事の話しをしない、という人もいますが、
そんな人も趣味の話題で考えを語っています。
どちらでも変わりない。

これは日ごろからの慣れが必要となります。
積極的に飲みには参加したい。

2、ボディランゲージを覚える

ボディランゲージ

微動だにせず受け答えをする人は、できる人とは思えない。

力説する場合、自然と体が動いてしまうものです。
アメリカ人のようなオーバーなのは厳しいとしても、
ちょっと手を動かしたり、顔を動かす程度は面接でもやりたい。

不動なほど不自然なものはない。
そんな人がいくら良いことを言っても、何も信用できません。
暗記したことを言うのに必死になると、こうなる。

3、外観にこだわる

外観にこだわる(スーツ)

中途採用となると、見た目もかなり重要です。

新卒は服装でのマイナス評価はほぼ無いですが、
転職は「なんだこのだらしない格好は?」と見られる。
歳を取ると、スーツの着こなしなどでわかるものです。

髪型も何かしらのこだわりを感じさせる方が良い。
採用する側は「皆から好かれる人」を選びたがります。
綺麗な格好をしている爽やかな男性。これだけで評価は高い。

太っている場合は痩せた方が良い。
デブを採用したら、女性社員から何言われるかわかりません。
人事は社員からの目をかなり気にします。

まとめ

ひたすらに”雰囲気”を鍛える練習を。

受け答えは普段の会話の延長戦です。
常に夢を語り合っている人ならば、面接で大きく緊張することは無い。
そうすると、自然とボディランゲージも生まれる。
できる友人に触発され、外観にもこだわるようになる。

エリートな人なこの全てが当てはまっています。
「これがエリートな雰囲気」と感じ、無意識に判断材料にする。
面接の採用担当者にその雰囲気を感じさせることが一番大事です。

多くの人がこの肝心な点を無視している。
普段から日常会話しかしていない人が、
面接で急に偉そうなことを語るのは無理です。

できる人と積極的に付き合って、自分を鍛えたい。

--

以上、「【自信がない人向け】一番良い面接の練習方法3つを紹介」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話