転職談話

他とは違う!面接で注目を集める志望動機の言い方

投稿日:2018年02月15日

面接は自分が応募した企業で働くには避けては通れないものです。
その中で「あなたが弊社を選んだ理由は?」と聞かれることもあります。

ここでライバルとなるほかの応募者と同じようなことを言っても
注目を集めることができません。

それよりも「この人だけ言い方が違っていたな」と、
良い意味で注目を集める志望動機の言い方を紹介します。

面接で注目を集める志望動機の言い方とは

説明

「私は企業を決める基準がある」ことを簡潔に説明する。

面接で注目を集める言い方としては「私は基準を設けて会社を選んでいます」と言います。

例えばですが、

・「私は専門性を活かした急成長する企業を基準に選んでいます。」
・「私は社会貢献に注力している会社を基準に選んでいます。」
・「私は会社が掲げている社訓に「結束」が入っている会社を基準に選んでいます。」

と、その会社が「頑張っていること・取り組んでいること・挑戦しようとしていること」に沿って
志望動機を言えば、同じ志や価値観を持つ人材として注目を集めるようになります。

「そして御社の~が当てはまったため、この会社を選びました!」
と、説明できると一味違った言い方になります。

求職者は働かせてもらう立場なので、企業とは主従関係のようなものですが、
何よりも「この人を採用すれば長く働いてくれるだろう」
会社側としては企業と応募者にミスマッチがないようにしたいので、
同じ考え方をしていることをアピールして内定へ一歩前進するように答えましょう。

この言い方であれば、職種別に企業の志望動機を覚える必要がなく、
企業研究のついでに集められる情報なのでとても便利な言葉です。

なぜこのような言い方をしなければならないのか?

面接官が同じセリフに飽きているから。

面接官から志望動機を聞かれたときに「御社の経営方針が同じで~」
「御社の仕事の~なところを魅力に感じて・・・」と回答したとしても
「ふ~ん」、「へぇ」、「そうですか」ぐらいで終わってしまいます。

それもそのはず、その回答は「もう聞き飽きた」というのが理由だからです。

面接官の中には、始めて間もない人もいますが、
何人も人材を見てきている人の方が割合的にも多いため
「また、この回答か」と内心ため息が出ています。

同じ食事メニューを何度も食べると飽きてしまうのと同じです。

なので、言い方を少し変えて「おや?」と思わせることが
自分を印象付けるきっかけ作りにもなります。

いきなり応募した人を気に入ることはありません。
まず最初に興味を持ってもらうことがとても大事です。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話