転職談話

面接で「できる人」をうまく伝えられる5つの言葉

投稿日:2018年03月15日

できる人 ビジネスマン

面接は採用担当者とのコミュニケーションが求められる分野です。

自分がどのような人なのか?
きちんと伝えられないと面接で落とされることもよくあります。

そこで「この人はできる」と採用担当者にアピールできる言葉を紹介します。

できる人をアピールできる言葉

1、思慮に思慮を重ねる

そのままですが「とてもよく考える」という意味の言葉です。

物事を少し考えただけで実行する人よりも「本当に大丈夫なのか?」を追求し、
掘り下げて考えることができる人の方が企業としては欲しい人材です。

そんな「考える力」があることをアピールして、
出来る人であることを伝えてみるといいでしょう。

別の言葉では「熟考する」という言葉もあります。

  • 私にとっての仕事とは、思慮に思慮を重ねることによってトラブルを回避することです。
  • 新事業の立ち上げには、思慮に思慮を重ねて進めていきます。

2、系統を立てる

「事柄や現象を一定の原理や原則に従って分類、整理する」という意味を持つ言葉です。

仕事の場合は「物事を論理的に考えられる」ということを伝えたいときに使うと良い言葉です。
要するに、物事を理詰めで考えて整理できる力を持っていることを
アピールしたいときに使うと良い言葉です。

別の言葉では「順序良く組み立てる」という柔らかい言い方もできます。

  • 私の長所は物事を系統を立てて考えられることです。
  • 前の職場では系統を立てて考えていたおかげで、売上に貢献出来ました。

3、英知

「すぐれた知恵、深く物事の道理に通じる才知」という意味を持つ言葉です。
もっとシンプルな意味だと「かなり頭が良い」という意味です。

知性あふれる、優れた知恵を持っているなどをアピールしたいときに使う言葉です。

別の言葉では「人知」などの言葉があります。

  • 職場の仲間の英知を結集して、より良いイベント作りに励みました。
  • 長い経験で培ってきた英知と技術を基に効率の良い仕事ができるようになりたいです。

4、創造性

「それまでなかったものを初めて作り出すこと」という意味を持っています。

仕事で新しい企画や開発をするときには、この創造性が必要になります。
なので、新しいものが作ることができる能力があるということを
アピールする時には、この言葉を使ってみてもいいでしょう。

別の言葉では「独創性」という言葉もあります。

  • 御社は創造性に長けた会社だと思い、応募しました。
  • 新しい職場では、創造性豊かな考え方で積極的に提案していきたいです。

5、先を見越す

「将来のことを推しはかる」という意味を持っている言葉です。

仕事内容によっては、先を見通しながら行動することが求められることもあるため、
そんな時に、この言葉を使ってアピールできるようにするといいでしょう。

別の言葉だと「想定する」という言葉もあります。

  • 私の得意なことは、3年後を見越しながら仕事に取り組めることです。
  • 私が仕事で大事にしていることは、重要なことを先々まで見越すことです。

まとめ

  • できる人は地頭力が良い

できる人はその話し方から「この人、他の人と違う」と感じられます。
その喋る言葉1つ1つが頭が良さそうな喋り方をしています。

なので、面接では「自分はできる人ですよ」とアピールするためにも
いつもよりちょっと言い方を変えてみて、面接を受けてみるといいですね。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話