転職談話

する・しない?五月病になる前に転職について考えよう

投稿日:2018年04月26日

カレンダー 5月

新生活のスタートと共に、一生懸命働く人が多い中、
5月のゴールデンウィーク頃になると、新しい環境に慣れなくて精神的な面で疲れた人もいます。
それが「五月病」です。

なるべくなら、五月病にはなりたくないですよね。
そこで、五月病になる前に転職するべきか否か、考えてみましょう。

もしも、五月病になった後の影響

精神面で疲れ果ててしまって五月病になった場合、
今後の仕事にどのような影響が出るのか?

一般的にある症状としては、

・布団から出るのがとても辛い
・食欲がわかない
・やる気が出ない
・仕事の作業効率が上がらない

など、明らかに仕事に影響が出る可能性が高いです。

そして、上司から「最近たるんでいるんじゃないか?」と叱責され、
さらに悪化して、体調を崩してしまうこともあります。

ただ、体調を崩しただけなら復帰できますが、
深刻な場合は、今まで出来ていたこともできないぐらい
体力的にも仕事を続けることが困難になることもあります。

ストレスの原因を把握し、解消できないか?

五月病になる人は、環境や人間関係など何かしらストレスを感じる原因があります。
その原因を把握して、解消できないのか?を考えましょう。

例えば、何もせず、しっかりと睡眠をとってみたり、
趣味があれば、悩み事が消えるほど没頭してみたりと、
ストレス解消に全力を尽くしてみましょう。

そして、ストレスの根本的な原因が「仕事」にある場合は、
転職について考える必要も出てきます。

転職をする・しない?

新生活に馴染めなくても、我慢することで改善されることはあります。
しかし、我慢し続けて体を壊してしまい、今後の働きに支障が出る場合もあります。

会社によっては、夜遅くまで残業してそれを毎日繰り返して働くこともあれば、
手取りも生活ができるギリギリで、どうにか生活している人も多いです。

その状態から、体を壊してしまえば収入は激減してしまい、
もっと苦しい生活を強いることも十分考えられます。

一度、ストレスを感じていることを思い出して、
「少しでも改善できそう、少し我慢してみる」と思うのであれば、
まだ転職をする必要は保留した方が良いです。

時間が解決してくれる問題もあるので、待つことも大事です。

そして、間違いなく今の自分の働く職場環境が合っていなくて、
今後我慢しても絶対無理と思うのであれば、転職をした方が良いです。

まとめ

  • 自分の体を第一に考えよう!

もしかしたら、上司の中には「我慢しろ」と言ってくる人はいます。

ですが、その声をそのまま聞いて我慢した結果「体を壊してしまった」としても、
上司や働き先の企業は、その後の人生をサポートしてくれることはありません。

なので、自分にとって「我慢できるのか?」「改善できる方法は無いのか?」を、
一度考えた上で、転職をするかしないかを決めてみるといいでしょう。

うつ病になってからでは遅いです。
自分の体のことは自分がよく知っているので、
他人が、何を言っても健康第一でうまく人生を歩んでいきましょう!

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話