転職談話

どこでも通用するビジネスマナーを身に着けるたった一つの方法

投稿日:2018年05月18日


執筆者
社長としての立場で語ります

自分の常識は他人の非常識。
これは会社にも当てはまります。
やっていたのは自分の会社だけだった、と。

どこでも通用するビジネスマナーを覚えておきたい。

マナーの基本

ビジネスマナーの基本は皆が不快にならないようにすること

自分以外の人が不快にならなければOK。

マナーは誰をも不快にさせないためにあるものです。
皆が挨拶をすれば、誰も不快にならない。
挨拶しない人を嫌う人もいるので、それならマナーとして挨拶しましょう、と。

日本人はマナーが良いようですが、
実際のところ、マナーの悪い人ばかりです。
本当にマナーが良いのだろうか?

あまりこだわりすぎるとストレスが半端ないので、ほどほどにしたい。

相手のマナーに合わせる

ビジネスマナーの根本的な考え方は、相手のマナーに合わせる

一対一の場合、相手のマナーに合わせるのが無難。

例えばメールの返信。
「こんにちは!」と書いてあったら、こちらも「こんにちは!」。
相手の真似をすれば、不快になることはほぼ無い。

もちろん、相手が目上の人であれば言葉遣いには気を付ける。
マナーのやり方を同じにするものです。

メールの最後に名前が書いてあったら、自分も最後に書く。
ここは会社により全く違うので気を付けたい。

ここさえ意識していれば、大きくずれることはありません。

結論:相手をしっかり見ること

会議などで相手のマナーをよく見ることが大事

食事や会議など、相手のマナーをしっかり確認することが大事。

一つ一つの行動を見逃してはいけません。
相手がしていることはOKなので、真似できます。
資料なんて見ている場合じゃない。

その場に合わせる。この力は社会人として重要です。
いくら正しくても、自分の常識は通用しないと考えたい。

そうして相手の行動を見ているうちに、
自然とマナーは身に付きます。
マナーは暗記するものではなく、相手を見て覚えるもの。

人間としての基本中の基本の成長方法です。

--

以上、「どこでも通用するビジネスマナーを身に着けるたった一つの方法」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話