転職談話

気分屋上司は不機嫌で怖い時こそ無視してはいけない

投稿日:2018年05月24日

気分屋上司
執筆者
社長としての立場で語ります

「うちの上司は指摘がころころ変わる」

たまにはこういう上司にあたるものです。
「前に言ったことと違うやん!」という。

この上司の特徴は知っておきたい。

いわゆる「気分屋」

気分屋上司の指摘

その時の気分により言うことが変わる「気分屋」

実際、これは誰にでもあることです。
気分の良い時、悪い時は思考が違ってくる。

ただ、仕事となると冷静になり、論理的思考にて答えるもの。
これが出来ない上司は「ころころ言うことが変わる上司」となる。
一貫性がなく、部下は本当に困る。

どちらを信用すれば良いのか?
この見極めが重要となる。

見極める方法

気分屋上司は機嫌が悪い時言うことが本音

気分が悪い時に言うことが本音。

気分が良い時は「まぁ、良いよ良いよ!」と妥協するものです。
しかし、悪い時は妥協できず、「ダメだ!」と。
したがって、信じる意見は気分の悪い時です。

これは親と子も同じ。
親もたいがい気分屋です。
気分が良いときは「お菓子どうぞ~♪」と。

感情を抑えきれないダメ上司

もちろん、気分屋の上司は最悪です。

気分によって指示が変わるなど、マネジメントとして論外。
一刻も早く飛ばされてほしいものですが、
そうはいっても「上の人はわからないもの」です。

リーマンをやっていると必ず当たることになるので、
この見極め方で上手くやっていきましょう。

--

以上、「気分屋上司は不機嫌で怖い時こそ無視してはいけない」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話