転職談話

仕事中にネットショッピングがダメな日本とそうでない海外の違い

投稿日:2018年05月31日

スマホ ショッピング

ネットが普及している現在、ネットショッピングで買い物など便利な時代になっています。
そんな中、アメリカの調査結果に仕事中にネットショッピングをしている人が多いようです。
詳細:Forbes【ネットショッピングはいつする?最も多いのは「仕事中」】

そこで、日本ではどんな時にネットショッピングをしているのか?
なぜ、仕事中にネットショッピングができたのか?書いていきます。

いつネットでお買い物をしている?(海外)

  • 1位:仕事中(57.2%)
  • 2位:家事の合間(50.68%)
  • 3位:実店舗で比較しながら(46.38%)

トップ3のみですが、仕事中や家事の合間、実店舗で比較しながらが、
海外のネットショッピングを利用しているタイミングのようです。

日本からすると「仕事中にネットショッピングとか、うらやまけしからん!」
と、思ってしまいますね。

日本で多く利用している時間帯はいつ?

<PC>

<スマホ>

<その他>

平日は夕食後~就寝前が最も利用している。

こちらは、オールアバウトより「インターネットでの買い物」に関する調査結果です。
(2014年度のデータです)

このように、PCやスマホでネットショッピングを最も利用しているのは
平日は「夕食後~就寝前」、休日は「昼~夜」が最も利用が多い結果となっています。

日本では、仕事中の利用というのはごく少数の模様。
平日は仕事終わりに利用し始めるのが多い傾向です。

なぜ、海外は仕事中にネットショッピングができたのか?

文化の違い

日本では「私用でスマホを使うな!」「仕事中にスマホで遊ぶな!」など、
厳しくも真面目かつ勤勉な文化です。

日本のように個人的に使うのが基本NGなのに対して、
アメリカなどの海外では個人的な制限が緩く、臨機応変に使用する場合が多いです。

日本と海外の文化の違いから仕事中でもスマホを使って
ネットショッピングが可能なので、このような調査結果になったと考えられます。

まとめ


引用元:労働生産性の国際比較(2017年版)

仕事中にネットショッピングは気分転換にもなる

日本は勤勉で真面目なのにもかかわらず、先進国の中では労働生産力が低い国です。
必ずしも「真面目=生産力が高い」ではないことが分かります。

また、効率化による生産性向上もあれば、休憩を取ることで生産性が上がる結果もあります。
アメリカなどの先進国から影響・刺激を受けることが多いため、
海外のような労働環境の会社も日本では増え始めています。

将来的には国内でも社内ルールを徹底しつつ、
仕事中にネットショッピングができるような環境が整う会社が多くなる可能性があります。

――
以上、仕事中にネットショッピングがダメな日本とそうでない海外の違いでした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話