転職談話

上司に企画を通すためにヒューリスティックを利用しよう

投稿日:2018年05月30日

企画

ヒューリスティックとは、自分が無意識に行う
「やり方・手法」であり「経験則」のことを指します。

そんなヒューリスティックを利用して、
上司へ提出する企画を通りやすくしてみましょう。

企画を通りやすくするには

笑顔

まず、上司の好みが何なのかを把握する。

上司にも自分の好きな食べ物や自動車、
考え方や行動などがあるように、好みの企画もあります。

そんな上司の考え方などから企画が通りやすい・通りにくいというものは
必ず存在するので「上司のヒューリスティック」の活用することは大事です。

具体的には?

ビジネス 上司 部下

上司が「どのように考えたり、答えを出しているのか」を知る。

上司の好みは、仕事中に答えがあります。

例えば、

・何を重視して物事を進めているのか?
・詳細な説明を好むのか?簡潔の方を好むのか?

など、普段一緒に仕事を進めていると、勝手に答えを上司が出しています。

そこから「お客目線を重視しているから、同じ目線で考えよう」や
「簡潔にまとめて話すことが多いから、同じようにシンプルに」など、
上司の考え方・やり方に沿って企画を出してみると、通りやすくなるでしょう。

注意点

上司のヒューリスティックによって企画は通りやすくなることもありますが、
勘違いしてはいけない事として「企画そのものが良くない」などの場合があります。

この場合は、ヒューリスティックを利用して審査を通そうとしても、
企画が通ることは無いので、通らなかった場合に「企画に問題は無かったのか?」と、
まず最初にチェックすることは大事です。

また、ヒューリスティックのような「技あり」な方法でなくても、
上司に普段から好かれている・可愛がられている部下だと
同じように審査が通りやすくなります。

これも、上司の「好み」の一つですね。

――
以上、「上司に企画を通すためにヒューリスティックを利用しよう」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話