転職談話

仕事の後輩にイライラ…。イラつく3つのタイプと対策とは?

投稿日:2018年06月11日

先輩と後輩
執筆者
社長としての立場で語ります

仕事をしていると、当然ながら次々と後輩ができます。
その中にはイライラしてしまう後輩もいる。

代表的な3つのタイプと、対策を紹介します。

1、学生気分な新入社員

どこかのサークルと勘違いしているヤツがたまにいる。

こちらは成果を出すのに必死なのに、
「この資料面白いですね!全部見ていいですか!?」と、
先輩を助ける仕事をする気が一切ない。

完全に指示待ち。指示が無ければ遊ぶ。
「新人だから覚えるのが仕事♪」という思考です。
仕事ではなく「勉強」をしてしまう。

<対策>

遊ぶ暇など無いほどに仕事を与える。
「終わった?」など声をかける状況すら与えない。
基本的にはやる気があるタイプなので、頑張ってくれました。

2、自信過剰な新入社員

常に正論で勝負をしたがるヤツがいる。

「なんでこれをやっているんですか?無駄ですよね?」と、
何かと批判ばかりし、自分の考えを押し付けてくる。
新入社員が気付くことなど、皆知っているわ!と。

この新入社員はかなり多い。
大企業なら一流大学から来る子がほとんどなので、なおさらに。

<対策>

新入社員が考える正論など、視野が狭い考え方です。
「じゃぁ、どうしてこの状況になってると思う?」と言うと、
ほとんどの場合は答えられない。

自分のレベルの低さを気付かせると大人しくなります。
一流大学でも所詮は新卒。余裕で勝てます。

3、自分ルールを押し付ける

自分が納得いかない仕事は断るヤツがいる。

例えば、どうしても残業が必要な状況になった時、
「この量はおかしいです。明日やります。」と何の悪気もなく帰ったりする。
いや、仕事ってやらなきゃいけない時があるのだ。

家庭持ちが言うならわかるが、仕事より大事な用事とかないだろ!と。
こういう空気の読めない新入社員はとても多い。

<対策>

責任感の無さがこの思考になってしまっている。
新卒だからと遠慮せず、ノルマをどんどん与えたい。
自分の無能さに気付かせよう。

まとめ

イラっとさせる後輩は、皆を仲間と思っていない。

新入りとして、仲間を助ける自覚があればこうはならない。
この意識が低い新入社員はイラっとします。
したがって、いかに自分の役割を認識させるか?が大事。

仕事しろ!と言うだけでは馬鹿なので理解できない。
まずはチームの一員としての責任を自覚させるようにしたい。

--

以上、「仕事の後輩にイライラ…。イラつく3つのタイプと対策とは?」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話