転職談話

どうやって鍛える?社会人が適応力のある人になる方法

投稿日:2018年03月26日

トレーニング

現代の日本は「ストレス社会」と言われるほど、
ストレスとうまく付き合っていかなければいけません。

そこでうまく付き合う方法として「適応力」が必要なこともあります。
では、適応力はどのように鍛えると上げることができるのか?

その方法などを紹介します。

適応力の鍛え方

1、当たり前と考えない

世の中には「こんなの常識」と思って行動したりと、ルールに従っているような感じの人もいます。
日本人は「予定」「想定」などの言葉を使いながら仕事をしていることでしょう。

では、その「常識」が「非常識」に変化するとどうなるのか?
大抵の人は混乱してしまいます。

そのような「想定外」のことが起こった時の対策ができていないため、混乱してしまいます。

なので、鍛え方としては「当たり前と考えない」
つまり、固定観念にとらわれないような行動や対策をする事が適応力を鍛えることになります。

2、流行を知る

仕事や趣味でも流行(トレンド)というものは存在します。

例えば、自分の知らない趣味から調べてみるのもいいですね。

・「ゲーム」という趣味は、どのようなものが流行っているのか?
・「読書」では、今何が売れているのか?
・「運動」の最新のトレーニング方法とは?

と、知らないからこそ新しい刺激を受けて、
実際にやってみたりすると、適応力をつけることができます。

3、チャレンジする

仕事をしていても「新事業の立ち上げ」などは、会社にとってはチャレンジ(挑戦)しています。
日本には「伝統」という言葉があるように、自分の身の回りの事でも「こだわり」があります。

料理でも同じものを注文する人も居ることでしょう。

そこで、適応力の付け方として「いつも同じ注文だが、別の料理を注文してみる」
「新商品を注文してみる」など、新しいものにチャレンジすることも大事です。

他には、趣味も今までやった事ないことを趣味としてみるなどの行動も
チャレンジをしているので、適応力を鍛えることに繋がります。

なぜ適応力が必要なのか?

適応力があるとストレスを感じにくくなる。

例えば、異動で新しい職場で働くことになった場合、
その職場にうまく馴染めない、溶け込めないと感じる人もいます。

そのような人が適応力がないため、ストレスも強く感じることになるでしょう。
ストレスを感じるだけで済めばまだ良い方で、最悪の場合は「うつ病」になることもあります。

しかし、複雑でハードルの高い物事があった場合、
適応力を鍛えておくと乗り越えやすくなります。

乗り越えることができれば、ストレスもそこまで感じることもありません。
なので「ストレスを溜めないためにも、適応力は必要」となります。

まとめ

  • 適応力のある人になるには「新しい環境に慣れる」能力が必要

適応力がある人の特徴として、どんなことに対しても慌てることなく
「これは、こうすればいいな」というやり方に慣れています。

なので「新しい環境に慣れる」能力を身につけることが
適応力を身につけることになり、職場で何かしらの変化があった場合も
「じゃぁ、こうしよう」と考えられるようになります。

他には、自分に降りかかってくる不幸な出来事もあると思いますが、
適応力が無い人は、いつまでもやる気が上がりません。

しかし、適応力がある人は一度は落ち込みますが、
適応力が無い人の違いとして、すぐに気持ちを切り替えることができます
この気持ちの切り替えが早いのも、適応力がある人の特徴です。

適応力があると、それだけ良いことが多くなるので、
どんな職場でも適応できるようになり、物事がうまく回すことができるでしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話