転職談話

会社の飲み会を断る”ダメな理由”ランキング ~よくある失敗~

投稿日:2018年09月06日

飲み会

会社と言えば飲み会。

忘年会or新年会、歓迎会、送別会、懇親会、
ほぼ強制なのが毎年5回はあるだろう。

ただ、どうしても断りたい時はある。
そこで、経験上での良くない断り方を3つ紹介する。

1位:お金が無い

会社の飲み会をお金が無いという理由で断るとこうなる

これを言うと「俺が出してやるよ」と言われる。

相手も見抜いているのか、なかなか強烈なツッコミだ。
これにてお金の問題は解決するものの、
そもそも行きたくないという問題は解決しない。

「さすがに自分だけ先輩のお金では飲めないですよ」

と苦しい言い訳をして、逃れるのに精一杯。
お金を理由にするのは止めよう。

2位:子供の面倒を見ないといけない

会社の飲み会を子供の面倒などの理由え断るとこうなる

これを言うと「仕事の方が大事だろ」と言われる。

確かに飲み会の話しが先の場合、家庭の理由はどうにかなる。
妻が早く帰ったり、保育園を延長したり、祖父母に頼んだり。
どうしても行きたい場合、ほぼ100%何とかなる。

「この日だけはきついんですよ。。」

と何がきついのかよくわからない苦しい言い訳で精一杯。
家庭の事情を言い訳にすると、仕事のやる気がないと思われがち。
昇進したい場合、あまり言うべきではないだろう。

3位:次の日は朝が早いので

会社の飲み会を次の日が朝早いと断るとこうなる

これを言うと「一次会だけでいいから」と言われる。

確かにその通りなのである。
6時半スタートとしても、8時半には終わる。
二次会に参加しなければ、11時には布団に入れるだろう。

翌朝に車を運転するとしても、
中ジョッキ1杯くらいなら問題ない。

「酒飲むと眠れないので、飲み会は辛いです。。」

と意味不明な供述をするのに精一杯。
参加したくないだけの言い訳にしか聞こえないだろう。

では、逆に良い断り方は?

会社の飲み会はデートを理由に断るのが良い。そしてできるだけ早く

案内が届いたその場で断るのが一番良い

こういうのは1秒でも早く断るものです。
それだけで言い訳の信憑性がアップ。

「あぁ、、この日は無理です。」

理由なんて要らない。
こうしてまずは断ってカウント対象外にしておく。

理由を聞かれたらこう答えるといい。

「デートです」

と、適当に言っておけばだいたいOK。
だいたい、デートなら許してくれるのが人間。
仕事より彼女の方が大事に決まってるだろ!と。
「もうホテル予約済み」と言えば完全勝利だ。

妻がいる場合も、「妻と街へ行く約束をしてまして…」と、
皆、妻とのデートをキャンセルするとどうなるかわかっているので、
納得してしまう。

個人的な経験では、これが一番良い。
何度も使えないのが難点だが、1回限りだとほぼ確実だ。

ただ、さすがにチームの飲みは断っていない。
チームを断るならもう、転職ものだろう。

飲み会はできる限りは参加した方がいい。
昇進しやすくなったり、より仲良くなったりと、
メリットが多すぎる。

最近は飲み会嫌いな若者が多いようですが、
こういう付き合いができてこそ一流のリーマン。
勉強になることが多いので、若いうちほど参加したい。

いずれ昇進してリーダーや管理職になる。
その場合、飲みは絶対参加。
修業を積んでおいた方がいい。

部下が参加しないと寂しいものです。

--

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話