転職談話

paid family leaveの意味とは?アメリカ注目の言葉

投稿日:2018年05月25日

トランプ大統領
執筆者
社長としての立場で語ります

「paid family leaveによって、働く家族を支えよう」
「今予算は、仕事と家庭での責任のバランスが取れるよう、paid family leaveを制度化する。」

トランプ大統領が熱唱していることなので、
社会人として覚えておきたい。

paid family leaveの意味とは?

「有給家族休暇」という意味です。

「paid(有給)」「family(家族)」「leave(去る)」となり、
家族(新生児)のために使える有給を意味します。
日本でいう「産休・育休」です。

実はアメリカには産休、育休はありません。
休職する場合は個別に相談となり、女性には厳しいのが実情でした。
しかし、実力社会、転職が当たり前の社会なので、
日本よりは女性の社会進出は進んでいます。

この制度により、女性の社会進出が加速するだろうという考えです。

しかし、期間は短い

「paid family leave」は6週間しかありません。

日本だと1年間休めますが、たったの1か月半です。
保育園に預けるのもギリギリという、最低限のもの。
ここは企業に受け入れられるよう、かなり配慮したのではと思います。

無いよりはマシですが、女性の負担は依然きついままです。

差別をしていない

このあたり、アメリカは男女平等だったと思います。

女性も男性も同じ戦力扱い。
誰もが同様の権利をと、アメリカの文化です。
その文化も時代の流れで、ついに変わろうとしています。

トランプ大統領の改革から目が離せません。

詳細はこちらを。
トランプの言う paid family leaveとは-産休のない国アメリカ:研究の眼
by ハフポスト

--

以上、「paid family leaveの意味とは?アメリカ注目の言葉」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話