転職談話

ストレッチ目標を設定するメリット・デメリットまとめ

投稿日:2018年05月22日

ストレッチ目標とは

「ストレッチ目標を最初に書いてください。」

また新しいビジネス用語ができました。
やや抽象的なものとなるので、しっかり理解しておきたい。

ストレッチ目標とは?

人間としての成長を目指すのがストレッチ目標

すぐには達成できない目標でかつ、
自分自身が成長するための目標。

ストレッチ(stretch:引き伸ばす)ということで、
「より身体が柔らかくなった、もう少し」と、自分自身を成長させることが目的です。
180度開脚を目指すべく、日々ストレッチを継続するイメージ。

「日々成長する」が目的なので、そういった目標じゃないといけません。
達成のために具体的に何をやるか?が明確になる目標を設定します。

具体的には

ストレッチ目標を設ける

「新規顧客獲得を2017年度の3倍にする」など。

ベタな目標ですが、さすがに1年で3倍は難しい。
しかし、数年頑張れば無理なことではない。
こういったものが「ストレッチ目標」です。

3倍にするために、日々どう成長すればいいか?
そう考え、今年度の通常の目標を設けます。
小手先の技では3倍は無理だ。改革をしよう!と。

「業績10%アップ」では、チームの目標になり、
自分は何もせず達成する可能性があるので、
個人のストレッチ目標としては適さない。

自分が成長しなければ達成できない。
そんな目標を設けます。

ストレッチ目標のメリット

一直線

目標がぶれず、達成まで継続させることができる。

通常の目標は1年ごと変わることが多いですが、
長期的な目標であるため、継続させることができます。

毎年「近づけたか?」と確認することができ、
しっかり反省しさらに成長する。
自分自身の愚かさも見えてきます。

全社員がしっかりと自分の成長を把握することにより、
会社の業績が上がる、というのが狙いです。

ストレッチ目標のデメリット

サボる人

達成できなくて当然という気持ちが生まれ、
目標達成を後回しにする人も出てくる。

本来なら今年度に達成できる目標も、
「これ、ストレッチ目標にして達成させた方が評価上がるな」と。
ずる賢い人はこうしてサボる可能性があります。

ほとんどの人は「やる気の無い人」です。
サボれるものならサボり、できるだけ楽に評価を上げようとします。
そんな人にはストレッチ目標は全く効果のないものとなります。

本当に正しいストレッチ目標か?と、
上司の確認が重要となります。

まとめ

全社員の能力底上げが目的。

大企業なら底上げの恩恵は大きい。
これにて20%の人でも成果を出せば価値はあります。
会社を強くし、高利益体制にする。

社員数名の零細企業であれば、
個別にしっかり指導できるのでやる価値は小さいよう思います。

また、狙ったように真面目にやってくれるのは一部の人だと思います。
できない人はサボらせるようなもの。
このデメリットも意識し、取り組むようにしたい。

--

以上、「ストレッチ目標を設定するメリット・デメリットまとめ」でした。

Twitterまとめ

記事カテゴリ





読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト エンジニア コミュ力 コンビニ ストレス パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー 上司 人生 介護 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 看護師 趣味 転職エージェント 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話
転職まとめ