転職談話

考え方を変えてみよう!人間関係がうまくいく方法とは

投稿日:2018年03月26日

会話

社会人が働く上で「人間関係」は切っても切れない関係で、
今でも退職理由が「人間関係」を挙げる人は多いです。

しかし、それでも働かなければ生きていけない世の中です。
そこで、考え方を変えて人間関係がうまくいく方法を紹介します。

人間関係がうまくいく考え方

1、苦手な人とうまく付き合えない?その人の個性はもう知っていますか?

仕事付き合いで上司や先輩、同僚を最初の雰囲気だけで
「この人ちょっと苦手だなぁ・・・」と思ってしまうことがあります。

だからと言って、その人と距離を取ろうにも
仕事の付き合いがあるので疎遠になることは難しいです。

では、距離を取るのではなく「その人の個性に目を向けてみる」というのはどうでしょう?
その人の個性を知ることで「意外な一面」も見えてくることもあります。

そこから、その人の行動や考え方を理解して
「付き合い方」が分かってくるようになると、仕事の付き合いでもやりやすくなります。

もしも、自分にとって最初の印象で「苦手な人」が現れたら、
その人の個性に目を向けてみましょう。

2、たくさんの人と繋がりたい?魅力を感じるような人間になろう!

例えば、仕事で「人脈を作りたい」と思っても簡単に作れるものではありません。
何もないまま走り回っても時間の無駄に終わってしまうこともあります。

それよりも「相手を引き付ける」、「魅力を感じる」ような人間になってから
人と付き合い始めた方が気が付くと人脈がどんどん広がっていくことでしょう。

3、相手を注意するだけで終わっている?最後は褒めてあげることが大事!

これは上司と部下の間での注意のやり方でも使われます。

部下を注意するだけで終わってしまうと、その部下のやる気が落ちてしまい、
仕事も捗らなくてまた失敗のループをすると、人間関係もどんどん悪くなっていきます。

なので、最後に褒めてあげたり、注意とは逆のことを言うことで
相手にとっても良い意味で仕事を続けられ、人間関係も維持できるようになります。

4、誰とでも仲良くするのは注意が必要!

どんな人でも同調するような考えで嫌われないようにする。
つまり「八方美人」のような人間関係の作り方だと「本当の自分」を見失ってしまいます。

そんなことで相手から不信感を抱かれてしまうことになると、
仲良くしてきたつもりが人間関係は次第に悪化していき、
気づいた時にはもう手遅れだったなんてこともあります。

すべての人に合わせて自分を見失うよりも、
自分に自信を持って相手と付き合うようにすることも大切です。

5、人間関係は重要だが、全部ではない

例えば「有益な情報を提供してくれる人」と「そうでない人」の場合、
どちらにも等しく付き合いをしても得られる情報の質は異なります。

なので、人間関係を大事にするために場合によっては断る決断力も必要で、
自分にとって重要だと思う人物に比例して時間をかけて付き合っていくことも大事です。

まとめ

  • 相手との距離感が分かるようになると、人間関係もうまくいくようになる

友達を作るときも最初からすごく仲良くなることはありません。
時間をかけてゆっくりと良好な関係を作っていきます。

それと同じで時間をかけて相手を知り、
自分を知ってもらうことで人間関係もうまくいくようになります。

仕事で人間関係に悩むことはありますが、
今の自分のやり方を少しずつ変えていくと、人間関係も少しずつ改善されていくことでしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話