転職談話

【2018年】社会人が実施している節約ランキングTOP5

投稿日:2018年05月28日

お金

社会人になると何かと出費が多くなりますが、
年収は現状維持というのはよくある話です。

そこで、社会人が実施している節約はどのようなものがあるのか?
明治安田生命の「家計」に関するアンケート調査結果を基に書いていきます。

節約に気を使っている人は全体の約8割!

日常生活において「節約」に気を遣っている人は全体で約8割。
男女別の場合は、女性の方が高い数値となっていました。

身近でどのような節約を実施している?

節約として実施しているもので、最も多かったトップ5はこのようになっていました。

「電気をこまめに消す」「冷暖房の温度を調整する」「外食を控える」などは、
自分が頑張れば、今すぐにでも実施できる内容ですね。

5位以下では「お弁当を持参する」「飲み会を減らしている」だったり、
「電力会社を変更した」「自動車を持たないようにする」などの節約方法を実施している人もいるようです。

なぜ、節約をするのか?

家計が苦しい、老後の生活、万が一の保険。

なんでも調査団のアンケートで「節約をする理由」についての調査結果によると、
「家計が苦しいから」「老後の生活のため」「何かあった時の保険のため」など、
今現在の生活の維持と将来や万が一のための貯蓄が理由でした。

また、女性の方がこの3つの回答率が高く、
男性よりも現実的に将来を見据えているというのが分かります。

小ネタ

蛍光灯は7秒以内のつけたり消したりは節電にならない。

電気をこまめに消すというのが節約実施ランキング1位という事で、
ちょっとした小ネタですが、部屋の蛍光灯の電気を付けたり消したりすると思います。

しかし、ここで注意しておきたいのが、
蛍光灯は7秒以上からは、こまめに消すと節約につがるということです。

蛍光灯は点灯時間に電力を大きく消費するため、つける瞬間は電力を多く使用します。
なので、7秒以内の場合はつけたり消したりはせずに、つけっぱなしの方が節電になるようです。

――

以上、【2018年】社会人が実施している節約ランキングTOP5でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話