転職談話

【最新版】職種別企業が転職者を採用する理由ランキング

投稿日:2018年02月13日

面接

転職する際に応募する企業が求めている・重視している人材を知りたくなるでしょう。
そこで、職種別に企業が転職者を採用する理由を1~3位のランキングにまとめました。

参考元:「厚生労働省:平成27年転職者実態調査の概要」

職種別採用理由ランキング

管理的な仕事

管理的な仕事とは、名前の通り「組織において管理的な仕事をしている人」の事を指しており、
課長や店長などの管理職の人間の事です。

もしも、管理職クラスの人材が欲しいという場合、企業は何を重視しているのかというと
1位に「経験から来る即戦力」が求められています。

30~40代で部下を引っ張って行ける、指示を出す事ができるなど、
新事業1つ任せても大丈夫のような人材を欲しがっています。

その次に専門的な知識や能力があれば、さらに良い人材として見てくれるでしょう。

専門的・技術的な仕事

何かしらの資格や特殊な技術が必要となるが「専門的・技術的な仕事」です。
事業所の規模によって異なりますが、大きい事業所は「専門的な知識や能力」を好み、
事業所が小さくなるほど人手不足が懸念となるためか「経験を活かした即戦力」の人材を欲しがる傾向にあるようです。

事務的な仕事

一般事務などの事務系の仕事では、事業所が大きくなるほど「即戦力」を求め、
小さな事業所ほど「人材の補充」をメインとして「未経験者でもOK」と募集をかける事もあります。

事業所の規模によって「即戦力」「人材の補充」のどちらかを重視して探しています。

販売の仕事

販売系の仕事では、接客などの業務もあるので「即戦力」の方が好まれる傾向があります。
事業所が大きいほど、接客する際の専門的な知識や能力があると、欲しい人材として見てくれるようです。

小さい事業所の場合は「人材の補充」を優先的に行い、
「即戦力」または与えられた職場に慣れる「適応力」があると採用される傾向にあるようです。

サービスの仕事

飲食店やアパレルショップなどの店員はサービス系の仕事をしています。
旅館やホテルのフロントマンなども同じくサービス系の仕事です。

このサービス系の仕事では体力が必要な仕事であり、
一般的な休日を取る事ができない環境なので、人材不足の原因の1つとなっています。

そのため第一に「人材の補充」を優先として、
元経験者などの即戦力になる人材ほど採用される可能性が高いです。

その他の仕事

生産工程や建設、運搬などのその他の仕事の転職者の採用理由です。
こちらは専門的な知識や能力を持っている人材はあまり重視されていません。

大きい事業所は「即戦力」を重視して採用、
中・小の事業所は「人材の補充」を重視して人材を採用しているようです。

最後に

即戦力となる人材であれば、どんな仕事でも採用されやすい。

未経験者でもOKと書かれていることがありますが、
企業としては即戦力が欲しいと思うのが当たり前です。

割合を見ても誰かが離職したことによる「人材の補充」のために
「即戦力」「専門知識や能力」「適応力」を持っている人材を探しています。

裏を返せば、その企業にとって「即戦力になる人材」という事をアピールできれば
あとは年齢転職回数などから人間性を判断して、採用の有無が決まる事でしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話