転職談話

第1話:品質保証部の仕事とは?を壮絶に語っていこう。

投稿日:2018年08月17日

品質保証の仕事 第一話
執筆者
社長としての立場で語ります

品質保証の仕事を知っている人は少ないだろう。
大学生の99.9%が狙わない仕事な気がする。

新卒「品証に配属・・・orz」

となる部署だった。

しかし、想像以上に面白く、経験を積める仕事。

転職活動にはほぼ有利にならないのが難点ですが、

まぁ、どこよりも楽しめる。間違いない。

意外と求人も多いので、是非狙ってみてほしい。

品証はどんな仕事をするのか?

これは会社によって全然違う。
品証の仕事の範囲が広すぎるのだ。

自分のとこは誰もが羨む大企業だったので、「品質保証部」として独立。
中小なら開発部の「品質保証課」だったり、
名称すらなく製造部の「品質管理課」の仕事だったりする。

仕事内容もクレーム対応から法規対応まで、かなり幅が広い。
新商品開発にも携わるので、その場合はほぼ開発部門の仕事内容です。
広く深い知識が求められる。

文系出身でも普通に図面を書いて、部品を作成したりする。
勉強会として出張して講師をすることもある。

マイルが貯まるぞ。

このあたりは、次回以降にいろいろ書いていこう。

品質保証の目的

品質にて利益を得る仕事です。

「お客様満足の向上!」とか「クレーム費用削減!」とか、
いろいろ言い方はありますが、根本的な部分は品質にて儲ける部門。
過剰にならず、最適品質で最大の利益を得る。

不具合があれば原因追及し、新商品へ反映。
お客様の声を反映させ、売り上げアップ。
地味に重要な仕事です。

だから優秀な人を寄こせ社長っ!!となる。

あんまり、大事にされていない職場でした。
自分はそう感じています。
開発部より格下で、見下される存在。

プライド高い人はクレーム対応などやりたがらない。

一言で的確に表すなら、「開発の設計ミスの尻拭い」です。
代表して謝罪し、現場対応をする。

どうしてもミスは出るので、ミスをプラスに変えていく。
現場の声を聞き、開発側へフィードバック。

開発では気づかない声を反映させ、利益向上を狙う。
かっこよく、そう考えておこう。

どんな人が働いているのか?

会社によって違うのは当然ですが、
自分のところの場合はこうだった。

・開発出身・・・20%
・技術出身・・・10%
・製造出身・・・50%
・営業出身・・・10%
・新卒出身・・・10%

このように、寄せ集め集団です。
特にスキルを必要としないことから、
「とりあえず放り込め」という部門。

いや、真面目に言うと、いろいろな専門家が必要な部門です。
製造が多いのは「体力的に厳しくなって製造引退」という人が多かった。

「なぜあなたは品証に?」

と聞くと、面白い答えが返ってくる。
自分のチームの場合、こうだった。

Aさん「前の職場で喧嘩して」

Bさん「前の職場で喧嘩して」

Cさん「前の職場で喧嘩して」

どんな荒くれ者の職場なんだ

自分「前の職場で喧嘩して」

と、個性の強い品質保証部。
いったいどんな楽しい日々が訪れるのか?
次回から壮絶な日常を書いていこう。

品質保証部の仕事 全話一覧はこちら


話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話