転職談話

【初日が肝心】新しい職場で活躍するための3つの考え方

投稿日:2018年06月11日

新しい職場
執筆者
社長としての立場で語ります

転職や異動にて、新しい職場になるのは不安なものです。
同じ仕事をやるにしても、企業文化の違いが悩ましい。

1、現状把握をする

必ず現状把握を徹底して行います。

よくある失敗なのが「このやり方は非効率」といった発言。
会社によって事情があるものなので、
「なぜにこのやり方を?」というのを理解する必要がある。

立て直し目的の外人社長なら「これは無駄だ!」で良いのですが、
単なる新入りはそんなことをしてはいけません。

理解を終えたらようやく改善です。
最初は謙虚にいきましょう。

2、批判をしない、同意しない

新入りを仲間にすべく、あの手この手で近寄ってきます。

どんな職場もグループがあるものです。
「〇〇さんはダメなやつだ」という話しは必ず出る。
それに同意すれば、もう仲間入り。

いずれはどこかのグループに所属するものですが、
最初は何が何だかさっぱりわからない状態です。
だから、自然とグループに入る「批判・同意」はしてはいけない。

ただもちろん、上司の言うことは賛成・同意を。

3、女性に好かれる

これは人生において間違いなく大事なこと。

男性でも女性でも同じです。
女性に嫌われたら仕事になりません。

結構、外観だけで嫌われてしまうものなので、
爽やかな印象を与えることが大事です。
近寄っても不快じゃない外観を。

あとは、話しをしっかりと聞くこと。
忙しくても、近くに来たら笑顔で雑談。
話しを聞くことに徹すると、そうそう嫌われない。

まとめ

必然的に失敗している人が多すぎる。

転職や異動で大事なのは、まず良好な人間関係の構築です。
成果を出すことで頭を一杯にしてはいけません。
「良い人が来た」と思わせてからが勝負。

優秀なグループに属し、昇進への道を作る。
女性に好かる人は管理職にしやすい。
改革はそれからでも十分です。まずは現状で成果を出す。

ここまでやって、ようやく転職成功です。

--

以上、「【初日が肝心】新しい職場で活躍するための3つの考え方」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話