転職談話

第5話:品質保証部へ配属になった場合、何から勉強するのがいいか?

投稿日:2018年08月17日

品質保証の仕事 第5話
執筆者
社長としての立場で語ります

運悪く新卒から品証に配属。

大丈夫だ。強い人間になれる。挫けるな。

実際、ずっと品証という人は少ない。
ここを修業の場として、昇進していく人もいます。
エリートコースではないが、大丈夫だ。

ただもちろん、品証として成功しないとそれも無い。

新入社員の恐怖はこれ

新入社員や異動での新人を多く見てきた。
ほとんどの人が困っていることがある。

ちょっと、その「困った状況」を語るので想像してみてほしい。

新人としてバリバリ働く。
必死に調査して、必死に調査結果を書き、残業2時間超え。

気付けば、残っているのは数人という状況になった。
静まり返る職場、そこに、

ピピピピピピピ!!

社外からの電話が鳴る。
見渡すも、この島には自分しかいない。

もちろん、取るしか選択肢は無い。

修理業者「助けてください!」

だいたい、こんな時間に来る電話は緊急案件だ。

業者「部品を交換しても直らないんです!」

新人は視点が定まらない。
答えられるわけがない。
しかし、業者はそんなことを知らない。

品証という最高に信頼できる部門に電話をしているのだ。

業者「品番は〇〇で、〇〇の部品を交換してもダメ。何が原因だと思いますか?」

新人「申し訳ないです。担当商品ではないのでわかりません…」

業者「誰かいませんか!?お願いします!(汗」

これはどの新人も経験することです。

わかるだろう、この不甲斐なさ。

一流大卒?エリート?
そんな優越感が一気に崩れる圧倒的知識不足。

甘えてはいけない。
「わかるわけがない」など通用しない世界だ。

ということから

ひたすらに自社製品の勉強だ。
次の状態になるのは品証として必須。

・製品品番で外観と主要部品がパッと出る
・仕組みと定番故障を完全に理解し、故障の原因を特定できる

自分の場合、新人の時はひたすらにカタログを見ていた。
土日もカタログで勉強。店舗などで実際に見て勉強。
とにかく品番を覚えないと話しにならない。

余裕ある時間は図面の確認と製品の分解。
新人はひたすらにこれをやった方がいい。

故障内容一覧の把握もかなり大事。
どの品証もここはまとめているだろう。
もし無い場合、品証として機能していないと考えて良い。

製品を完璧に理解してないと、自信持って現場対応できません。

品証は、おおよそ担当商品、というか分野が決まります。
さすがに全製品を把握し、対応することはできない。
とは言え、課が担当する商品知識は絶対に要る。

冷蔵庫担当だから、冷蔵庫だけ!
そんな馬鹿な新人は使い物にならないと考えて良い。

これが品証のエースだ

一般的な製品は、ほぼ皆知っているものです。
上記のような電話対応など、できて当たり前。
「さすが品証ですね!」と言われて当然なのである。

ここで問題になるのは「新商品」。

「新機能搭載!」

というのが毎年のようにあるので、新商品担当じゃないと付いてこれない。

そう、品証のエースは新商品担当。

ここに長年携わっていると、もう圧倒的な知識の差ができる。
役目としても重要なので、できる人にしか任せられない。

新商品担当となると、開発側に近くなります。
設計の段階から協力し、仕様を固めていく。
くだらない仕様にしていたら「それはダメだ!」とストップさせる。

こうなると、品証の仕事はより面白くなってくる。
そして、品証の中でも昇進コース。
電話番など、昇進コースから外れた人がやるものだ。

その電話番もできないようじゃ、というのはわかるだろう。

新人はここを目指し、日々努力していってほしい。

真面目にやりすぎるとストレスでダウンするので

ほどほどに

品質保証部の仕事 全話一覧はこちら


話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話