転職談話

第4話:品質保証部の仕事の辛いところ・泣けるところ

投稿日:2018年08月17日

品質保証の仕事 第4話
執筆者
社長としての立場で語ります

今まで書いたのは序の口です。
あんな程度で辛いと思っていてはやっていけない。

実際に泣くことになるだろうことを3つ伝えておこう。

1、馬鹿にされまくる

理系の開発が馬鹿にしてくる!

ほんっと、嫌なことを言う人はいるものです。
基本的に品証って見下されているので、立場が弱い。

開発「え~こんなことも知らないのwww」

自分「はい。。(聞いたこともないわっ)」

品証は他部署に協力してもらってなんぼな仕事なので、
低姿勢に出て、いろいろと教えてもらわないといけない。
ここでプライドが許せない人はもう、喧嘩です。

「殴った」

という先輩もいるので、品証の恐ろしいところ。
開発よ、調子に乗るのは危ない。

開発は「そこまでやるの?」という気持ちが大きい。
品証は「お客様のために!」と必死に協力を乞う。

この温度差、辛いところです。

2、現場のおっちゃん、怖いです

品質保証部の仕事は、製造現場への調査が必要になります。
自社であったり、協力会社であったり。

組み立てラインに張り付いて、監視。
作業を止めてパートのおばちゃんにヒアリング。

「品証どっかいけよ・・・」

と嫌がられている視線をもの凄く感じます。
ここで問題になるのが、怖いおっちゃんです。

「うちはルール通りやってる!信用してないんか!ああ!?」

もう、若い人はビビりますね。
土方の金髪のおっちゃんに命令するような感じです。

ここはやり方次第でとても楽になる。
品証にはベテランの製造出身が多い。
ということで、「ちょっと手伝ってください」と協力してもらうと、

先輩「おう!元気か!?」

製造「先輩おはようございます!どうされましたか?」

と、上下関係が厳しい世界なので余裕の調査となる。
こういったテクニックを身に付けないと、
品質保証の仕事は辛くて泣けるだろう。

なお、あまりにも品証と製造の喧嘩が多くなり、
調査は品質管理課を通すようになったという。

3、原因がわからないと死ねる

品証で一番辛いのは、原因を特定できないこと。

調査結果を回答しないといけないのに、全くの不明。
日限が迫っているのに、まだ調査中、、やばい、、

というのが一番辛い。泣ける。
基本的に誰も協力してくれないので、一人で抱えます。
相談はもちろんしますが、それでも解決しない問題はある。

取引先から回答を求められる。
明らかに自社製品が悪いが、原因は不明。
これで「原因不明」の回答はできない。

こうなるともう、他の仕事ができない。
どんどん仕事が溜まり、残業に休日出勤。

日限はおおよそ伸ばすことは可能。
しかし、伸ばしたからには原因特定しないといけない。

この辛さ、想像しただけでも嫌になるだろう

辛いことだらけ

品質保証の仕事は辛さが目立つ。

クレーム対応で怒られ、社内からも煙たがれ、
営業からはどんどん電話・メールが来る。

でも、でも、

達成感はもの凄いある。
無事解決できた時の爽快感。
お客様の感謝の声。

これを求めて、日々の辛さに耐える。
品質保証、そんな仕事です。

品質保証部の仕事 全話一覧はこちら


話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話