転職談話

第19話:品質保証部はデータの改ざんも大得意

投稿日:2018年08月21日

品質保証の仕事 第19話

開発からいろいろと文句を言われる。

開発もクレームに関しては敏感です。新商品の保証期間内での故障率を目標にしているので、1件でも減らしたいもの。

品証も同じなのですが、タチが悪い。

これをカウントするのか?

故障品の解析の結果、「異常無し」となったものをどうするか?

交換されたのは事実なので、1件としてカウントです。しかし、「これは製品は悪くない!」と開発はノーカンを要求。断固として故障と認めない。

ここはもう、お客様からしたらどうでもいい話しで、リーマンとしての評価の問題。

「もしかしたら新規不具合かもしれない」

不具合を発見できていない可能性もある。品証としては無視するわけにはいかず、絶対にカウントします。費用削減が目標なので、こういったのも削減対象。

開発「この1件が無ければ目標達成するので、ノーカンで」

開発部長まで登場しての圧力である。こんなのはもう、担当者じゃ話にならない。部長同士でやってもらいますが、たいていは品証は負ける。

品証「ノーカンにしておきますね」

と。

新商品はいろいろとデータの修正が盛んです。品証のデータ次第で開発は幸せになれる。

自分からすると、もう面倒くさいのでノーカンの連打。信頼の品証()です。

開発は目標達成で、ものすごく感謝される。

責任問題

「これは○○事業部の製品がきっかけとした故障だ!」

いろいろな製品が組み合わさる場合、根本的な原因は別にあったりするものです。

「破損したのはあの製品の工事に原因がある!」

こうして責任転嫁して、1件でもカウントを減らしていく。もう、事業部同士のバトルに発展です。

「費用負担はそちらでしょう」

と品証も費用だけは認めない方針。最初の仕様がどうやら、合意していたとか、もう話はわけわからんようになります。

こういったことはよくあるので、品証同士の仲はあまり良くなかったりする。やられたらやり返す。

不毛な争いは絶えない

ネガティブ目標はダメ

マイナスを減らす目標は人間をダメにする。

やっぱり、クレーム率とか費用とか、ネガティブなものを目標にするとダメです。くっだらないことに熱心になってしまう。

やっぱり、売り上げアップ、お客様満足、こういったポジティブなことを目標にして、楽しい議論をしていきたい。

だから、

「経営者視点が無い」

とよく言われるのであった。

品質保証部の仕事 全話一覧はこちら


Twitterまとめ

記事カテゴリ





読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト エンジニア コミュ力 コンビニ ストレス パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー 上司 人生 介護 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 看護師 趣味 転職エージェント 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話
転職まとめ