転職談話

【30~40代】転職で会社から求められる人材の特徴とは

投稿日:2018年03月23日

転職

30代女性、40代男性と言ってもその年代の「前半と後半」では
会社が求める人材も変化していきます。

では前半と後半を含めて、
年代別で会社が求められる人材の特徴を分けて整理してみました。

年代別で求められる人材

<30代前半>マネジメント能力のある人材

30代前半の転職市場はまだ大丈夫な方で、
若い世代を対象にした求人案件や未経験OKの求人にも応募できるギリギリのラインです。

この30代前半に求められるものは「実績、スキル、マネジメント能力」の3つです。
3つと言っても実績とスキルは、転職には必要なもの。

その中でも一番大事なのは「マネジメント能力」です。

30代前半からは、今後仲間を引っ張っていくリーダー能力が必要になるので、
それらをうまく管理して仕事を進められるマネジメント能力が求められます。

つまり、いずれ会社の小さなまとめ役となる「チームリーダー」
30代前半の会社から求められる人材です。

<30代後半>幹部・リーダー候補となりうる人材

転職は35歳が限界と言われているように、35歳から求人が減少傾向にあります。

そして、この年代でターゲットとなる人物の特徴ですが、
30代後半からは「今後の幹部やリーダーの候補となる人物」を育てたいのが会社の考えです。

なので、転職で求められる人材は、まとめ役の「リーダー経験がある人」
社員と経営者との橋渡し役となる「中間管理職」などの経験と実力がある人を欲しがります。

経験と実力としては「係長クラス」程度が、30代後半の会社から求められる人材です。

<40代前半>管理職の経験のある人材

40代前半ともなると、組織上の関係で若年層に比べて扱いにくくなります。
そのため書類選考の段階で落とされる可能性も高いです。

この40代前半からは「既に管理職としての実力を持っている」という人を中心に
求人の応募を出す会社も増えてきます。

転職では「即戦力」という言葉がある通り、
30代までは実績やスキルと少しのマネジメント能力が求められるだけで済みましたが、
40代前半からは「管理職クラスの即戦力がある人」が会社から求められる人材です。

経験と実力的には「課長クラス」程度が求められるでしょう。

また「管理職」としての能力が無い場合は「専門性」をアピールできると良いでしょう。
専門的な技術や能力を持っている人も会社としては欲しがる人材です。

<40代後半>経験を活かして若手を育てることができる人材

45歳ともなると、一般的な募集はほとんど無くなります。
募集も「経営者クラスの求人」「非常に賃金が安い求人」しか残っていない状態です。

そのため応募求人の内容を見ても「年相応の能力を持っている人」の募集が多く、
「管理職の経験がある人、専門的な技術を持っている人」を求める傾向にあります。

なので、一般的に40代後半からの主な仕事は、
自分の持っている熟成された経験を若手に伝えて育てることになります。

まとめ

  • 30~40代はリーダーのようなまとめ役か技術的に欲しい人材が求められる。

30~40代の共通して求められるものは「マネジメント能力」です。
30代は「将来的なまとめ役」、40代は「まとめ役の経験がある」と、
リーダーを求める会社が多いです。

ですが、まとめ役のような仕事が苦手な人もいます。

なので「自分はマネジメント能力が不足している」と思う人は、
現職でマネジメント能力を磨くのは難しいと思うので、
専門性のある技術を磨くことが、転職に成功する近道になるでしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話