転職談話

なぜ?30~40代が転職活動で内定のチャンスを逃す理由

投稿日:2018年03月26日

ビジネス 逃げる

30~40代ともなると、転職活動は20代のころに比べてなかなか決まりにくいです。
そして、その転職活動でせっかくの内定のチャンスを逃してしまう人がいます。

では30~40代で「なぜ、チャンスを逃がしてしまうのか?」
その理由を書いていきます。

30~40代が転職活動でチャンスを逃す理由とは

1、経験豊富だから

30代以上は、ある程度企業に勤めている経験があるため、
ビジネス経験はかなり豊富と考えていいです。

豊富だからこそ、今まで働いてきた経験からプライドを持ってしまうので、
せっかくの内定を蹴ってしまうことがあるのです。

その結果、内定を貰って蹴った会社以外で内定を貰えず、
転職活動も長引いてしまうという悪い状況に落ちてしまうことがあります。

2、「規模」が小さい会社という理由

例えば、前職の会社で大手で仕事をしていた場合、
転職活動で「中小だから」という理由だけで、内定を蹴ってしまうこと。

他には、知名度で「有名じゃないから」という理由の場合もあります。
こちらも同じく「中小」という理由だけの判断です。

このように大企業と比べてしまうからこそ、転職活動で失敗してしまうパターンは多いです。

3、「年収」が低い会社という理由

30代以上では「年収」を重視して転職活動を行う人もいます。

生活していく上で年収は自分の生活レベルに大きく影響するため、
重視することは悪いというわけではないです。

しかし「自分の市場価値」をきちんと把握できていない場合、
本来であれば適性の年収なのに「もっと上を狙える」と欲張ってしまいます。

そのような事を繰り返していくうちに、
内定を辞退した企業よりも年収がもっと低い企業で働くことになります。

この金銭面が理由で転職に失敗してしまう人は多いですね。

4、「休日」が少ないという理由

前職よりも休日が少ないなど、
年間休日が少ないからという理由で内定を辞退する人もいます。

確かに、今では「ブラック企業」という言葉があるように、
休日が少ないというニュースも多く聞きます。

なので、内定を貰ったとしても「この会社は前より休日が少ない」という考えから
内定を辞退してしまい、その後の転職活動で苦労してしまうケースです。

5、「役職」が下がるという理由

30代以上ともなると、実力次第では「役職」を持っている人も多いです。

しかし、内定を貰った企業の待遇で「前職よりも役職が低くなる」という事を気にしてしまい、
悩んだ挙句、せっかくの内定を辞退して次の会社を探してしまうケースです。

まとめ

  • 30~40代の転職できるチャンスは少ない。
  • 欲張った考えは転職活動では失敗の原因。
  • 事前に優先順位を決めておく。

35歳が転職の限界という言葉を聞くように、30~40代の転職は難しいです。

50代でも転職できたという人もいますが、それはその人が持っている
実績や能力が高いハイスペックな人だったという場合もあります。

そして「まだ大丈夫」「まだ上が狙える」と考えてしまうことも
転職活動の失敗の王道パターンなので、欲張った転職活動はやめておきましょう。
基本的には30~40代の転職はチャンスは少ないと考えましょう。

また、複数の内定を貰ったのに回答を保留し続ける人もいます。

その場合、会社から「入社の意思がない」と判断される失敗例もあるので、
せっかくの内定を無駄にしないためにも、「自分は何を重視して転職するのか?」と、
優先順位を事前に決めてから転職活動をしましょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話