転職談話

仕事探しを最大限に高める6つの簡単な方法

投稿日:2018年02月05日

休憩

「転職をしたいな~」と思ってなんとなく仕事を探してみたものの、
なかなか見つからない経験はないですか?

または仕事を探すときにかなりの時間を要していませんか?

そんな人へ海外の記事から「仕事探しを最大限に高める6つの方法」を紹介します。

「6 Super Simple Ways to Maximize Your Job Search Productivity(あなたの仕事探しを最大限に高める6つのシンプルな方法)」

1、計画的に仕事を探す

「自分が探したいときに好きなだけ探す」という人は多いと思いますが、
海外では求人検索を行う時間枠を設けて、計画的に仕事を探しているのです。

転職をしたい人の中には、とても忙しい人も居るでしょう。
そんな人は「朝食前、夕食後、週末に1時間だけ探す」など、
仕事をするが如く決められた時間に計画的に仕事探しをするといいです。

2、時間を設ける

例えば、図書館やカフェで2時間、忙しくても30分。
または子供が昼食を食べ終わってからの15分など、
ちょっとした時間でも集中できる時間帯は作る事ができます。

仕事探しをする際はその時間は自分の将来に関わる内容です。
そういう重大な事には集中するだけの時間を設ける必要があります。

なぜそのような事をしなくてはいけないのか?
もしも、気が散ってしまうような環境で仕事探しを行うと、
履歴書を書く際にミスをするかもしれません。

または、仕事探しに関する情報を読んでいる時に
誤読で間違った知識のまま理解してしまう可能性もあります。

そのような事を避けるためにも、集中できる時間が必要なのです。

3、気晴らしをする時間を防ぐ

テスト前に掃除して、何か面白い本などが出てきたときに
そのままその本を読んで時間を無駄にした経験はないですか?

現在ではネット上にいろんな情報がありますので、
仕事を探している最中にソーシャルメディアを利用して時間を無駄にしていませんか?

今は仕事を探さなくてはいけない時間帯です。
海外で転職活動をしている人は、そんな気晴らしをする時間を防ぐアプリを利用したり、
電話を遠ざける「飛行機モードやドライブモード」があります。

もっと身近なものであれば、テレビをつけたまま仕事探しもテレビの方へ集中してしまうので
電源をオフにするなど気晴らしが出来ないようにすると良いでしょう。

4、時間管理をする

ずっと集中して仕事を探していると、やっぱり疲れてくると思います。
そんな燃え尽きることを防ぐ方法として「ポモドーロ・テクニック」というものがあります。

これは簡単に言うと「25分に5分間の休憩を挟む」といった
疲れを感じないようにするテクニックと思えばいいです。

要するに、何時間も集中し過ぎてしまうと仕事探しが長続きしないので、
短時間の間に小休憩を挟んで、仕事探しに専念できるようにしよう!という事です。

5、戦略的な履歴書作り

自分が応募する職務に合わせて、履歴書を変更していませんか?
すると、新しい履歴書を書いたり・考えたりと時間を浪費する事もあるでしょう。

なので、自分が応募する各職務に合わせて、素早く編集できる履歴書を作る必要があります。
異なるタイプの仕事でそれぞれ履歴書を、あらかじめパソコン内に作っておけば
応募の準備ができるとすぐ引き出せるようにできます。

異なるタイプの仕事ごとにファイルで管理すれば、
「次、この仕事へ応募してみよう」と思った時に
時間をあまりかけずに履歴書作りが出来ます。

6、自分がやりたい仕事を把握する

自分がやりたい業界、職種、仕事内容などを把握しておけば、
それだけで時間を短縮する事ができます。

新しい仕事をしたいときなど、その仕事内容を
何度も読み直すことのないようにすることが大事です。

総評

時間は有限である。

無駄な時間が増えるという事はそれだけで
自分にとって最適な仕事に応募するチャンスを失う可能性があります。

無駄な時間を浪費して、ダラダラと仕事を探すよりは、
テキパキと効率的に仕事を探せば、妥協のない仕事探しをすることができるでしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話