転職談話

工場勤務の仕事で頼られる存在になるために必要な3つコツとは?

投稿日:2018年06月28日

工場

工場で働くようになった場合「できれば人に頼られるような人材になりたい!」
と思ったことはないでしょうか?

そこで「頼られるようになるために必要なコツ」とは何なのか?
紹介していきます。

仕事で頼られるためのコツ

1、与えられた仕事を早く終わらせることができるようにする

工場での仕事は、作業が早ければ早いほど上司からの信頼も絶大です。

早く終わるという事は本来であれば残業で行うはずのメンテナンスなども
定時時間内に取り組むことも可能という事です。

さらに、製品の生産数も上げることができたり、改善報告が作りやすいなど、
直属の上司としても嬉しい事なので、とても頼られるようになります。

2、仕事が正確であること、ミスをしない

工場で働く場合、仕事の早さ以外にも正確さも求められるようになります。
ただ作業が早いけど、ミスが多いでは全くの無意味です。

製品1つに対して手を抜かず、きちんと作ってこそ「工場の従業員」です。

ちょっとしたミスから、お客からのクレームに繋がることもあります。
そうなると、その工場の名前にも泥を塗ることになり、信頼を失い、
挙句の果てには、出荷した分の全製品の総点検の可能性もあります。

なので、仕事が早いだけでなく、「正確性のある働き」ができる従業員は頼られます。
これに早さも加われば、もう手放したくないと思われるような人材になります。

3、改善や是正に対する案を出すことができる

これは仕事とは別に「+α」として行うことで評価されるものです。

より生産性を上げるためには?安全に仕事をするためには?と、
常に改善を求められるような企業も存在します。

そのため、工場あるいは職場にとって利益となることを提案できる人材は
上司としても大変助かるため、提案力がある人は頼られます。

4、どんなに成果や利益を出しても謙虚であること

これは日本人特有ですが、どんなに成果や利益を出しても
「性格に難がある」という人の場合は、なるべく重宝したくありません。

場合によっては、上司に噛みつくとも言える発言をする人もいます。
そのような人を右腕のように使うにしても、とても使いにくいものです。

それよりも、謙虚である方が職場全体の自分の知らない所で
勝手に評価が上がることもあります。

上司としても、今後昇進させる意味でも決断しやすく、任せられる存在です。
せっかく腕があるのに、性格が悪いという理由で評価が低いのはもったいないです。

メリットの大きい「謙虚」である方がプラスに働くため、頼られる存在となります。

まとめ

工場や職場の見本となる人物になること。

仕事ができて提案力もあるのに性格が謙虚というのは、
工場や職場で「あの人を見本にするといいよ」と新人の目標となったり、
尊敬できるような人物であることが職場で頼られる人材です。

いきなりそのような人材になることは難しいかもしれませんが、
目標を持って毎日をより高いプロ意識を持って仕事をする事が
頼られる人材となる第一歩となるでしょう。

――
以上、工場勤務の仕事で頼られる存在になるために必要な3つコツとは?

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話