転職談話

面接でマイナス評価となる「会話の悪い癖」とは?

投稿日:2018年05月15日

面接に挑む人

ほとんどの人は会話に「変な癖」を持っています。それが個性というものですが、マイナスに見られる癖は止めたい。経験上「こいつはダメだ」と思えた癖を紹介します。

1、同意を求める

面接、会話での悪い癖1:同意を求める

「ですよね。はい。」と同意を求める。

これは女性に多く見られる癖です。自分の発言に自信がないので、同意を得られないと怖い。その意識が「うん」と言ったり、自分で首を縦に振ったりする。

この癖を持つ人は、論理的思考が苦手。発言に自信がないので、同意が欲しい。

友人としては「うん!そうそう!」と同意をすると仲良くなれます。しかし、仕事としては「できない人」としか見ることができない。

面接官に同意を求めることは絶対に避けよう。

2、顔を近づける

面接、会話での悪い癖2:顔を近づける

アピールしたい気持ちにより、顔を近づけてしまう。

結果的猫背になり、腹に力が入らない声になってしまう。見た目としても自信が無さそうに見える。「へこへこ姿勢」であり、取引先にするような低姿勢です。

本意は姿勢に表れるものです。本当に自信があれば、背筋は伸びる。

顔を近づける人は、気持ちが焦っていることが多い。余裕の無さの表れなので、印象は悪い。

背筋は真っすぐ伸ばし、身体を大きく見せよう。

3、手・顔が動かない

面接、会話での悪い癖3:ボディランゲージが無い

ボディランゲージが無く話すのは悪い癖。

微動だにせず話す人がいますが、印象は最悪です。普通、アピールする時、話しを伝える時は顔や手を動かすものです。「できる人」はボディランゲージも上手い。

ボディランゲージは次に話すことが決まっていないとできない。そのため、暗記タイプの人はできず、マイナス評価となる。「できる人」から見ると、不動で話すのはありえないこと。

言葉の力を強くするのがボディランゲージ。アメリカ人のプレゼンなどを見て勉強を。

まとめると

「できる人なら絶対にやらないこと」はしてはいけない。

「できる人」が下を向いて話すか?声を小さくするか?早口で話すか?しない。それは絶対にない。

数多くの経験を積み、自然と良い癖を身に着けていく。変な癖、悪い癖は経験不足と見られるものです。会話の悪い癖は会話の経験不足。コミュ力に難ありです。

会話がしっかりしていると高評価です。本ばかり読むのではなく、人に自分の考えを話したい。ここはおじさんと話すと鍛えられます。

同い年ばかりと話していては成長できない。飲みに積極的に参加し、おじさんと話し慣れておこう。

--

次は仕事で一番大事なことを話します。ここを知っておくと、面接もまた違ってくるだろう。→仕事で一番大事なことはやっぱりこれだった--

以上、「面接でマイナス評価となる「会話の悪い癖」とは?」でした。

Twitterまとめ

記事カテゴリ





読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト エンジニア コミュ力 コンビニ ストレス パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー 上司 人生 介護 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 看護師 趣味 転職エージェント 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話
転職まとめ