転職談話

内定を取っても失敗?30~40代が転職に失敗する理由とは

投稿日:2018年03月26日

ビジネスマン

「よし、内定ゲット!」

と、30~40代の厳しい転職活動を経て、内定を取ったことに喜ぶ人も居ると思います。
その後、内定を手に入れて入社したはずの人が、また転職活動をしていることもあります。

そんな「内定を取っても失敗するのはなぜなのか?」
その理由を書いていきます。

内定を取っても失敗する理由

好条件に釣られて転職してしまったから

例えば「この会社に転職すると年収が100万アップする」という求人があったりします。

特に何も考えずに「魅力的な転職先」と思って転職してみると、
その実態は「ものすごい成績を上げる必要がある」という事はよくあります。

30~40代は「転職はこれが最後」という風に意気込んで転職する人も居るので、
そろそろ腰を据えた働き場所が欲しくなるというもの。

ですが、ちょっと良さそうな好条件に目が入ってしまい、
転職に失敗してしまうのです。

30~40代の転職は「長く働ける」ことが大事

転職活動で転職に失敗する人も居ますが、
内定を貰っても「失敗した」と感じる人も居ます。

30~40代の転職ともなれば、定年まで働き続けるところを探したくなるもの。

しかし、目に入った好条件の求人に釣られて入社してしまい、
1年以内に退職してしまうという事例はよくあります。

なので、転職活動が厳しくなる30~40代は
何よりも「長く働ける仕事」を探す必要があるのです。

1番失敗しやすい「年収大幅アップからの期待に応えられない」ケース

転職では即戦力という言葉があるように「成績を上げる」という事は大事です。
そのためには自分の経験やスキルが必要になります。

30~40代は、前職の経験を活かして経験やスキルを持っていますが、
その会社で必ずしも活かせるとは限りません。

年収が高い会社に釣られて実際に働いてみると、自分の持っている経験やスキルが通用しない。

転職先で期待されていたのに「成績が上がらない」「ノルマが達成できない」事から
会社で冷遇され始め、ショックのあまり退職したくなります。

そして、また好条件の求人を見つけて再び転職活動をするようになります。
さらに同じように「目先の好条件」に釣られて、また失敗とループしてしまいます。

最初は失敗してもまた内定が貰えますが、何度も転職してしまうことで
「自分の市場価値」どんどん落としていき、転職すらできなくなる場合も実際にあります。

30代、40代は「ジョブホッパー」にならないようにしよう

ジョブホッパーとは「転職を何度も繰り返す人」のことを指します。

具体的には
・転職回数が4回以上の人
・2~3年に1回転職する人
ジョブホッパーと言います。

例えば、20代の若さ溢れる人でも転職回数が多いと、
会社としては「本当に大丈夫なのか?」と疑ってしまうため、転職に不利になることが多いです。

ましてや30代や40代ともなると、「年齢的にもどうかなぁ」と
マイナス評価にされてしまうことがあるので、より慎重さを増した転職活動が必要になります。

まとめ

  • 好条件というだけで、転職先を判断しない。
  • 30代からは「長く働ける仕事」を中心に探す。

転職は内定がを取ったら終わりではなく、入社して長く働くことが重要です。

30~40代では、好条件を重視に転職活動をすると、
内定を取って「年収が上がった」と喜んでも短期間の儚い夢で終わるという事もあります。

それよりも「長く働ける職場が見つかった」と言えるようになってから、
初めて無事転職に成功したと考えた方がいいでしょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話