転職談話

腰や足だけではない?組み立ての仕事で生じる体の辛さとは

投稿日:2018年08月30日

工場の仕事の1つ「組み立て」では、立ち仕事として作業することが一般的です。
長く働いたことのある人であれば腰や足の痛みを一度は経験しているのではないでしょうか?

しかし、組み立て作業にはそれ以外にも「ある部分」の辛さもあります。
その経験談を語ります。

腰や足以外の辛くなる部分とは?

組み立ては「今使おうとしている部品に不良品はないのか?」を調べるケースがあります。

工場の仕事では、お客様や注文先の会社などへ不良品を出すことを非常に嫌うので、
目立つような傷が無いのか?など細かく指示されることがあるため、
作業員はそれをチェックする必要があります。

その結果、目が疲れやすくなります。

作業スピードが上がるほど・・・

初心者の段階では、作業に慣れることに集中するので
作業スピード自体はまだ遅いですが、確認に集中しすぎると目が疲れることも。

そして、次第に慣れてくると作業スピードが上がるため、
傷の有無などの確認も早くなります。

集中して作業に取り組んでいたりしていると、
ふと気がついたときに瞬きを忘れることがあるのです

作業効率を追求して作業スピードが早くなっても瞬きは忘れないようにしましょう。

その結果必要になるのは?

目薬が必要になる。

瞬きをすることに意識を集中しようとしても難しい事はあります。
ですが、何もせずそのままというのも視力の低下などを気にしてしまいますね。

なので、組み立て作業の仕事を始めるようになったら、
仕事内容を一度体験したのち、目薬を準備しましょう。

休憩時間ごとに、眼精疲労に対するケアを怠らないことも
組み立ての作業員としての対策しなければならない事の1つです。

目薬以外での対策は?

目の疲れというピンポイントに絞ると「ホットアイマスク」もおすすめですが、
職場の休憩時間にやるにはかなり勇気が必要になります。

なので、作業をしていて「目が疲れるなぁ」と感じている時は、
こちらの「キューピー コーワ アイプラス」もおすすめです。

眼精疲労の他にも、肩こりや腰痛などにも効果があるので、
個人的にはこちらをよく友人や後輩にもおすすめしています。

――
以上、腰や足だけではない?組み立ての仕事で生じる体の辛さでした。

Twitterまとめ

記事カテゴリ





読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト エンジニア コミュ力 コンビニ ストレス パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー 上司 人生 介護 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 看護師 趣味 転職エージェント 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話
転職まとめ