転職談話

【この理由なら退職OK?】仕事を辞めたいと思った時ランキング

投稿日:2018年09月12日

仕事を辞める決意

「辞めたい。」

そう思うことは至極当たり前のことであり、
自分を愚かに思うことはない。大丈夫。

何度辞めたいと思ったことか。
だいたい、10回思って1回辞める感じかなと思う。

そこで、辞めたいと思ってしまう理由ランキングを作ってみた。

1位:昇進できないとわかった時

仕事を辞めたいと思ったときランキング1位:昇進できないとわかった時

これはもう辞めて良い理由NO.1だと思います。

超学歴社会だったり、家族経営だったり、
そもそも中途採用は昇進が無かったり、いろいろある。
だからこそ、転職した時はここを最初に把握しないといけない。

長く勤めている社員に聞けば、このあたりはほぼわかる。
ダメだとわかったら、次の転職へ向けてスキルを磨いていく。

まぁあれです。ハズレ。

2位:業績向上が見込めない時

仕事を辞めたいと思ったときランキング2位:業績向上が見込めない時

業績が上がらないと社員のメリットは何も無い。

上げるために必死に頑張っているものですが、
「もはや無理ゲー」という状態の時はあります。
こんな時は早く逃げるに限る。

遅れると支社の閉鎖などで転勤になったりして面倒。
そこまで苦労して、給料ダウン、ボーナス無し、退職金無し。

まぁあれです。ハズレ。

3位:仕事が簡単すぎる時

仕事を辞めたいと思ったときランキング3位:仕事が簡単すぎる時

やる気満々の人は難しい仕事じゃないとつまらない。

素人には難しい仕事でも、慣れた人には簡単。
こういった仕事はとても多い。
新しい仕事をやる余裕があればマシですが、
仕事量だけは一人前だと定時までギッシリ。

ただの単純作業要員としか思えなくなるので、
こういう時は辞めて良い。
人材の使い方を間違えている。

まぁあれです。ハズレ。

4位:嫌いな仕事になった時

仕事を辞めたいと思ったときランキング4位:嫌いな仕事になった時

嫌なことを無理して続けることはない。

仕事の種類くらいは選んでも良いと思います。
設計がしたいのに、修業として営業をさせられる。
経営者になるには良いことですが、リーマンには賛否両論。

これ、転職にはあまり有利になりません。
自分の人生設計がしっかりあるなら、断るか転職を推奨。

いつかはある話しでもあるので、
この時に備えて転職の準備は常にしておく。

5位:厳しすぎる仕事の時

仕事を辞めたいと思ったときランキング5位:厳しすぎる仕事だった時

甘いのもダメですが、厳しすぎるのもダメ。

仕事量が多いとかでなく、ノルマがえげつなかったり、
上司の怒涛がとんでもない仕事だったり。
怒られる日々は面白くもなんともない。

体育会系の人なら「仕事ってこんなものか」と思うかもしれないが、
どちらかというと仕事は甘いもの。
無理して厳しさに耐える必要はない。

このくらいは逃げても良い。

まとめ

理想から外れたら辞めて良い。

もちろん次の転職先を決めてから辞めます。
勢いで辞めて派遣社員生活とか、さすがに愚かすぎる。

「あぁ、もう転職だな」と決断すれば、気は楽なもの。
今の仕事は適当にやって、早く次の仕事に移ろう。
この気楽さが成功の秘訣だと思う。

よくある辞める原因として「人間関係」がありますが、
これは上手に仕事やっていれば、そうそう悪くならない。
相手の意見を尊重し、いつも感謝の気持ちを持つ。
だから、これができている人には無縁となる転職理由なはず。

「口は災いの元」と言う通り、ほとんどの失敗は口から。
もし口で失敗したら、転職して次に失敗しなかったらいい。
人間関係での転職は一度限り許されるかな、と思います。

まぁ、次のあてがあればどんな理由であれ、辞めても大丈夫ですが…

--

以上、「【この理由なら退職OK?】仕事を辞めたいと思った時ランキング」でした。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話