転職談話

過ごし方でその後が決まる!失業中の失敗しない4つの方法

投稿日:2018年03月08日

パソコン 副業

「働くのが嫌になった」「体調不良」など様々な理由から会社を辞めることになり、
失業期間中は「どのように過ごしたほうがいいのか?」「何をすればいいのか?」
と分からないことが多いと思います。

そこで、失業中の失敗しない4つの方法を紹介します。

失業中の失敗しない過ごし方とは?

1、心身を休める

会社で一生懸命働いて精神的・肉体的に疲れてしまった人は、
次の仕事を頑張ろうと思っていても、体が全然動けないこともあります。

その状態で新しい仕事を始めても長続きしない可能性もあります。
次の仕事を今一度頑張るためにも、心身を休めて体調を整えることはとても大切です。

しかし、注意してほしいのが休みすぎてしまうと、
今度は「働きたくない」とやる気を失う結果となることもあります。

そのため心身を休めながら、不規則な生活を送ることなく、
軽めに何か取り組んだほうが再就職するときに気持ちを切り替えることができます。

2、副業を始める

新しい仕事が決まるまでの間は収入はありませんので、
今まで貯めてきた貯蓄を切り崩したり、生活保護を受けたりしながら生活するようになります。

なので、新しい収入として副業を始めてみることも1つの手段です。
収入が自分が欲しい金額では出なかったとしても、
その集めた知識や技術や経験が、次の会社で活かされるようになるケースもあります。

または、その副業で生活できるようになることもあります。
動画投稿やブログを書いて収入を得ている人もいるので、ありえない話でもないです。

3、運動をする

失業中は何もせずにだらけてしまい、体力がかなり落ちることもあります。
いざ再就職して会社で働いてみた最初の1週間がかなり地獄だった経験もあります。

会社で働く上でそんな職業でも共通していることは「基礎体力」です。
外資系のバリバリ働いている人を参考にしてみると、
ジムでのトレーニングを毎日欠かさずやっている人もいます。

このように基礎的な体力があったほうが、
次の仕事でバテることなく、肉体的な面で疲れにくくすることも大事です。

4、資格を取得する

失業中は働いていた時よりも時間が余っているので、
自分のスキルアップをするチャンスでもあります。

そんなときにおすすめなのが資格を取ることです。
資格は新しい仕事を探す上で必要な技術や知識を増やしてくれます。

また面接で「失業期間が長いようですが?」と聞かれた時の対策にもなります。

その時に「何もしていませんでした」とマイナスな発言をしてしまうよりも、
「失業期間を利用して、スキルアップのため資格を取っていました」
と返せると、マイナスな評価を受けることは避けられるようになります。

まとめ

失業中は次へ向けての準備期間。

心身が疲れ果ててしまったとしても、そのあと何もせずに過ごせることはありません。
失業中は次の仕事を探す期間であり、体調を整え準備する期間です。

何もせずに毎日を過ごしてしまうと、いざ仕事を始めたときに、
「あの時やっておけば、今苦労せずに済んだのに・・・」と後悔することもあります。

1つだけでもいいので、何か取り組むようにしましょう。

話題のツイート

記事カテゴリ



読み物ランダム

うつ病 おすすめ アイスブレイク アメリカ アルバイト コミュ力 コンビニ ストレス セクハラ パワハラ フリーランス ブラック企業 マイクロマネジャー リモートワーク 上司 人生 仕事の評価 企業ランキング 会議 低賃金 先輩 冷房 副業 効率化 営業 地震 大企業 学歴 家事 就活 工場で働くコツ 工場で働く疑問 工場勤務 後輩 成長 日本と海外 最悪な職場 有給休暇 残業 若者 趣味 転職漫画 退職 長時間労働 飲み会
転職談話